しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

人生で最も大切な技術「幸福の探求」その1。私たちの不幸の原因、「無知」とは? Life’s most important skill ”Happiness” No.1――What is “ignorance”, the cause of our unhappiness?

f:id:englishforhappiness:20181222073940j:plain

細胞遺伝子の分野で将来を嘱望された研究者の経歴を捨て、フランスからヒマラヤに
渡って35年間仏教を学んだ著者マチウ・リカールによるベストセラー「幸福の追求」。
その第1章から、私たちを苦しみと不幸へと導く「無知(無明)」についての解説を
お届けします。

“Happiness, A Guide to Developing Life’s Most Important Skill” is the best-seller written
by Matthieu Ricard who had a promising career in cellular genetics before leaving
France to the Himalayas and studied Buddhism for 35 years. From Chapter 1, I bring to
you his comments about “ignorance”, which leads us to suffering and unhappiness.

 

 

 

 

By knowledge we mean not the mastery of masses of information and learning but an
understanding of the true nature of things. Out of habit, we perceive the exterior world as
a series of distinct, autonomous entities to which we attribute characteristics that we
believe belong inherently to them. Our day-to-day experience tells us that things are
“good” or “bad.” The “I” that perceives them seems to us to be equally concrete and real.
This error, which Buddhism calls ignorance, gives rise to powerful reflexes of attachment
and aversion that generally lead to suffering.

知識というと、大量の情報を手にすることとか、学問に秀でることと考えがちだが、
真実は、物事のあるがままの姿を理解することなのである。私たちは、表に現れている
仮の姿を、そのものに本来備わった性質をもった、何ものにも依存せずに独立して存在
するもの、と勘違いする悪習からなかなか抜け出ることができない。何が「善」で何が
「悪」かを日常の経験から判断するし、その善悪を区別する「私」についても同じよう
に具体的な実体ある存在と考えてしまう。仏教では、この誤解を「無知(または
無明)」と呼ぶ。無知は、苦しみを導く根源である執着と嫌悪を強力に反映している。

 

 

The world of appearances is created by the coming together of an infinite number of
ever-changing causes and conditions. Like a rainbow that forms when the sun shines
across a curtain of rain and then vanishes when any factor contributing to its formation
disappears, phenomena exist in an essentially interdependent mode and have no
autonomous and enduring existence. Everything is relation; nothing exists in and of itself,
immune to the forces of cause and effect.

目に見える外面的な世界は、常に変化する無限の原因と条件が絡まりあって構成されて
いる。例えば、太陽が雨のカーテンを横切って輝くときに虹が出るのを考えてみよう。
その虹を作りだす要因の一つでも消滅すれば虹は見えなくなる。いかなる現象も原理は
それと同じで、独立した固有のものは何一つなく、相互依存の関係で存在している。
この世のあらゆるものは因果の力の影響を受けている。

 

 

Once this essential concept is understood and internalized, the erroneous perception of
the world gives way to a correct understanding of the nature of the things and beings:
this is insight. Insight is not a mere philosophical construct; it emerges from a basic
approach that allows us gradually to shed our mental blindness and the disturbing
emotions it produces and hence the principal causes of our suffering.

この基本的な考え方が正しく把握できたとき、この世に対する見当違いの見方が修正
され、物事のあるがままの姿を正しく見られるようになる。これこそが真の洞察で
ある。洞察は、単なる哲学的な論理の組み立てとは違う。精神的な盲目とか苦しみの
最大の原因である、心を乱す感情を一掃するための根本的なアプローチなのである。

 

 

Every being has the potential for perfection, just as every sesame seed is permeated
with oil. Ignorance, in this context, means being unaware of that potential, like the beggar
who is unaware of the treasure buried beneath his shack. Actualizing our true nature,
coming into possession of that hidden wealth, allows us to live a life full of meaning. It is
the surest way to find serenity and let genuine altruism flourish.

どの一粒のゴマからも油が抽出できるのと同じで、生物はすべて完成に至る潜在性を
秘めている。このように物事を捉えるなら、無知とは、単に完成の可能性に気づかない
状態だ、ということがわかるだろう。ちょうど、自分の小屋の下に埋められた宝の存在
を知らずに、どん底の生活をする乞食と同じである。自分本来のあるがままの姿を実現
することは、隠された宝を手に入れるのと同じことで、本当に意義深い人生を送ること
を可能にしてくれる。それは、心の平和を得る最も確実な方法であり、純粋な利他の心
を引き出す方法である。

 

Happiness: A Guide to Developing Life's Most Important Skill (English Edition)

Happiness: A Guide to Developing Life's Most Important Skill (English Edition)

 

  

Happiness幸福の探求―人生で最も大切な技術

Happiness幸福の探求―人生で最も大切な技術

 

  

Happiness: A Guide to Developing Life's Most Important Skill

Happiness: A Guide to Developing Life's Most Important Skill

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約