しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

人生で最も大切な技術「幸福の探求」その11。あなたの不安と不幸の原因、「悲観論」を変える方法とは? Life’s most important skill ”Happiness” No.11――What is the method of changing “pessimism”: the cause of your anxiety and unhappiness?

 

f:id:englishforhappiness:20190111064442j:plain

世の中には「楽観論者」と「悲観論者」という違ったタイプの人間がいます。一般的
には、悲観論者は常に不安を抱えているため、幸福になりにくいと言われていますが、
それを変えることはできるのでしょうか? ――解説をバイリンガルでお届けします。

There are different types of people in the world: “optimist” and “pessimist.” In general,
a pessimist always has anxiety that prevents him or her from being happy. Can it be
changed? ――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

 

The sense of insecurity that afflicts so many people today is closely tied to pessimism.
The pessimism is constantly anticipating disaster and falls victim to chronic anxiety and
doubt. Morose, irritable, and nervous, he has no confidence in the world or in himself and
always expects to be bullied, abandoned, and ignored.

現代人の多くが不安感に苦しんでいるが、これは悲観論と密接に関係している。
悲観論者は常に災難を予想し、慢性的な不安症にかかっていて、疑い深くなっている。
不機嫌で、苛立ち、神経過敏になり、世の中や自分への信頼感を失っていて、常に
いじめの犠牲になっている、捨てられる、無視されている、などと取り越し苦労する。

 

 

If pessimism and sufferings were as immutable as fingerprints or eye color, it would be
more sensitive to avoid trumpeting the benefits of happiness and optimism.

悲観論と苦しみが、目の色や指紋のように生まれつきのもので、絶対に変えられない
ものなら、幸福とか楽観論がどれほど素晴らしいものかと声を大にして吹聴しても
無意味だろう。

 

 

But if optimism is a way of looking at life and happiness a condition that can be
cultivated, one might as well get down to work without further delay. As Alain has written:
“How marvelous human society would be if everyone added his own wood to the fire
instead of crying over the ashes!”

だが、楽観論とは人生と幸福に対する一つの見方であって、その状態になるように
育成、強化することができるという考え方をすれば、その作業をぐずぐずと先延ばし
せずに、さっさと取りかかるほうが得策ではないだろうか。アランは言っている。
「灰しか残っていないと嘆く代わりに、一人一人が自分の薪を火にくべるなら、
人間社会はどれほど素晴らしくなるだろう」。

 

 

Even if we are born with a certain predisposition to look for the silver lining, and even if
the influence of those who raise us nudges our outlook toward pessimism or optimism,
our interpretation of the world can shift later on, and considerably, because our minds
are flexible.

不幸な状況の中で希望の光を見出そうとする特質は生まれつきのもの、または、楽観論
と悲観論は育つ環境に影響された結果だと仮定する。たとえそれが事実でも、世界を
どう見るかという世界観は、生きている間に変化する可能性はある。しかも、かなり
大きく変化する。なぜなら、心は弾力性に富んでいるのである。

 

 

But there is an even deeper dimension to optimism, that of realizing the potential for
transformation that is in every human being, regardless of his or her condition. It is that
potential, in the end, that gives meaning to human life.

楽観論には非常に深い次元がある。すなわち、人間の置かれた状況の如何を問わず、
あらゆる人間には変革への可能性があり、それを現実化できる。その次元を指して
いる。ほかならぬこの可能性が、生きることに意味を与えてくれるのである。

 

 

The ultimate pessimism is in thinking that life in general is not worth living. The ultimate
optimism lies in understanding that every passing moment is a treasure, in joy as in
adversity. These are not subtle nuances, but a fundamental difference in the way of
seeing things. This divergence of perspective depends on whether or not we have found
within ourselves the fulfillment that alone fuels inner peace.

人生はほとんど価値がない、と考えるのが究極の悲観論であり、逆境であれ歓喜の時
であれ、一瞬一瞬が宝であることを理解するのが究極の楽観論である。両者の違いは、
単なるニュアンスの違いではなく、物事の見方が根本的に違うという点が強調される
べきだろう。人間がどちらの見方をするようになるかは、心に平和をもたらし、それを
強めることができる充足感を自分の中に見出しているかどうか、で決まるのである。

 

 

 

Happiness: A Guide to Developing Life's Most Important Skill (English Edition)

Happiness: A Guide to Developing Life's Most Important Skill (English Edition)

 

  

Happiness幸福の探求―人生で最も大切な技術

Happiness幸福の探求―人生で最も大切な技術

 

  

Happiness: A Guide to Developing Life's Most Important Skill

Happiness: A Guide to Developing Life's Most Important Skill

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約