しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ダライ・ラマ 怒りを癒す」その2。理不尽きわまる扱いには、反撃しても良い? “Dalai Lama: Healing Anger” No.2――If you have been treated very unfairly, should you take counteraction?

 

f:id:englishforhappiness:20190523064805j:plain

仏教は、何をされても無抵抗という教えではないと言います。ダライ・ラマは、
中国政府からの迫害にどう対応したか?――解説を、バイリンガルでお届けします。

It is said that Buddhist teachings do not tell us to be passive to whatever done to us.
How has Dalai Lama reacted to the persecution by Chinese government? ――more to
come both in English and in Japanese.

 

 

 

However, if one has been treated very unfairly and if the situation is left unaddressed,
it may have extremely negative consequences for the perpetrator of the crime.

とはいえ、筆舌に尽くしがたい苦しみを受けたり、理不尽きわまる扱いを受けることも
あるでしょう。そして、あなたを酷(ひど)い目にあわせた相手はとてつもなく悪い
カルマをつむことになるのです。

 

 

Such a situation calls for a strong counteraction. Under such circumstances, it is possible
that one can, out of compassion for the perpetrator of the crime and without generating
anger and hatred, actually take a strong stand and take strong countermeasures.

このような場合、こうした状況を正すべく反撃に出てもかまいません。ただし、その
場合、罪を犯した者へ、怒りや憎しみをおこしてはなりません。慈悲の心をもって、
相手に対して確固たる対応をするのです。

 

 

In fact, one of the precepts of the Bodhisattva vows is to take strong countermeasures
when the situation calls for it. If a Bodhisattva doesn’t take strong countermeasures
when the situation requires, then that constitutes an infraction of one of the vows.

実際、菩薩戒の一つに、必要とあれば確固たる対応を行なうべきだと記されています。
状況が求めているのに、なんら対策をとろうとしないのは、菩薩の戒の一つを破ること
になってしまいます。

 

 

Q How do we judge when a strong countermeasure is required and what it will be?
Please describe what we can learn from your actions in response to the Tibetan
genocide.

Q どういう状況下なら相手に立ち向かうことが許されるのでしょう。ダライ・ラマ
法王がチベットのジェノサイド(民族の虐殺)に対して示された態度から私たちは何を
学ぶべきなのでしょうか。

 

 

A One of the reasons there is a need to adopt a strong countermeasure against
someone who harms you is that if you let it pass, there is a danger of that person
becoming habituated to extremely negative actions, which in the long run will cause that
person’s own downfall and is very destructive for the individual himself or herself.
Therefore a strong countermeasure, taken out of compassion or a sense of concern for
the other, is necessary. When you are motivated by that realization, then there is a sense
of concern as part of your motive for taking that strong measure.

A 誰かがあなたを傷つけたとします。それをそのまま放置しておくと、相手は
極悪非道の行為を次々と行なっていき、相手自身にも致命的な結果をもたらすかも
しれません。そのような場合には、確固たる反撃に出てもよいのです。反撃すると
いっても、慈悲の心や利他の心から、相手の心身を気づかう心から、それを行なうの
です。

 

 

In terms of the way we have been dealing with the Chinese government, we have always
tried to avoid negative emotions. We consciously make it a point not to let our emotions
overwhelm us. So even if there is a likelihood of some feeling of anger arising, we
deliberately check ourselves and try to reduce that, and try to deliberately develop
a feeling of compassion toward the Chinese.

中国政府との交渉に関していえば、私たちは常々中国に対してネガティブな感情を
もたないようにしています。感情に溺れることが決してなきよう、怒りや憎しみが
生じても、丹念にチェックして取り除き、中国人へのあわれみの心を養うように
しています。

 

 

One of the reasons why there is some ground to feel compassionate toward
a perpetrator of crime or an aggressor is that the aggressor, because he or she is
perpetrating a crime, is at the causal stage, accumulating the causes and conditions that
later lead to undesirable consequences. So from that point of view, there is enough
ground to feel compassionate toward the aggressor.

加害者や侵略者に対して何故あわれみの心を起こさなければならないかというと、因果
の法則によれば、加害者はそうした行ないをすることによって、後の人生に望ましく
ない果を得る因縁を積んでしまったからです。このように考えれば、加害者あるいは
侵略者に対してあわれみの心をおこす充分な根拠があるとわかるはずです。

 

 

It is through this type of reflection that we try to deal with the Chinese. And you are right,
one can say that this is an example of how one can deal with hatred and aggression. At
the same time, we never lose sight of the importance of holding firmly to our own
principles and adopting the strong measures that are necessary..

このような考え方を抱いて私たちは中国人と交渉を続けているのです。あなたの
おっしゃるとおり、この問題は憎悪や攻撃性への対処法の好例ともいえましょう。と
同時に必要とあれば断固として物事に対処する、反撃に出るという原則も忘れては
ならないのです。


Healing Anger: The Power of Patience from a Buddhist Perspective

Healing Anger: The Power of Patience from a Buddhist Perspective

 

 

   

The Way of the Bodhisattva: Shambhala

The Way of the Bodhisattva: Shambhala

  • 作者: Shantideva,The Padmakara Translation Group - translator,the Dalai Lama - foreword,Kunzang Pelden - commentary
  • 出版社/メーカー: Random House Audio
  • 発売日: 2018/07/03
  • メディア: Audible版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

ダライ・ラマ 怒りを癒す

ダライ・ラマ 怒りを癒す

 

 

 

菩薩を生きる 入菩薩行論

菩薩を生きる 入菩薩行論

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約