しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ダライ・ラマ 怒りを癒す」その5。仏教を実践する人へ、ダライ・ラマからのアドバイス。極端に走ってはならない。 “Dalai Lama: Healing Anger” No.5――Advice from Dalai Lama to those who practice Buddhist teachings: Never go to extremes.

 

f:id:englishforhappiness:20190529063913j:plain

世界中で、マインドフルネス瞑想など仏教を日常生活に取り入れ、心の平和をめざす人
が以前より増えているようです。ダライ・ラマからのアドバイスを、バイリンガル
お届けします。

All over the world, more people than before are trying to take the Buddhist teachings
such as mindfulness meditation in their daily lives to attain peace of mind. I bring to you,
both in English and in Japanese, the advice from Dalai Lama to them.

 

 

 

The principal concern of a seeker is to find out whether or not it is possible to attain
liberation or freedom from suffering.

修行の道を歩む者にとって、第一義の関心は解脱を得られるかどうか、苦から
解き放たれることができるかどうかです。

 

 

However, it is important to be very skillful in one’s application of the various techniques,
and not to be extreme in one’s approach.

ともあれ、さまざまな修行のテクニックの中からどれを利用するか、テクニックの選択
に長(た)けることも大切です。一つのテクニックに偏ったり、極端に走ったりしては
なりません。

 

 

For instance, if we have too much self-importance, if we are puffed up by arrogance
based on our supposed or actual achievements or qualities, then the antidote is to think
more about suffering and one’s own problems and the unsatisfactory nature of existence.
This will assist in bringing down the level of one’s high opinion of oneself; it will bring one
more down to earth, as it were.

自らが成し遂げた、あるいは将来成し遂げるであろう業績や、徳性の数々にすっかり
思い上がり、慢心がおきたなら、この世が苦そのものであることや、自身の悩みの数々
について考えをめぐらし、慢心を退治します。こうすることによって自分に高い点数を
つけるようなこともなくなり、地に足がつくようになるでしょう。

 

 

On the other hand, if one finds that by reflecting on the unsatisfactory nature of
existence, suffering, pain, and so forth, one feels quite overwhelmed, then there is again
a danger of going to the other extreme, where one might become totally discouraged,
helpless, and depressed. This can lead to thinking, “Oh, I can’t do anything, I’m not worth
anything.”

逆にこの世の苦なる本質についてあまりに思いつめてしまうと、それに圧倒され、
意気消沈し、鬱状態になり、「自分は無力だ、何の価値もない人間だ」と思い始める
かもしれません。

 

 

That extreme is another danger. So under such circumstances, it is important to be able
to uplift one’s mind by reflecting on one’s achievements, the progress that one has made
so far, one’s other positive qualities, and so on, so that one can get out of that
discouraged or demoralized state of mind. What is required here is a balanced and
skillful approach.

慢心の対極であるこうした状態に走るのも危険です。そうなったら、これまで
成し遂げてきた業績や、自らの進歩やよき徳性などを顧みて心を高揚させ、無気力状態
からの脱出を図らなければなりません。ここで必要なのはバランスのとれた巧みな
アプローチなのです。

 

 

This is analogous to planting a sapling or a seedling. At its very early stage, one has to
be very skillful and gentle: too much moisture will destroy it, too much sunlight will
destroy it. What one needs is a balanced environment where the sapling can have
healthy growth. Similarly, what one is seeking here is healthy emotional and
psychological growth. So here again one needs that gentle and skillful approach,
otherwise there is a danger of going to extremes.

それは喩えてみれば苗木の植えつけか種蒔きのようなものです。最初の段階では
きわめて穏やかにかつ巧みに扱わなくてはなりません。水をやりすぎても、太陽の光を
あてすぎても苗木は枯れてしまいます。苗木を健康に育てるにはバランスの取れた環境
が必要なのです。同様に仏教の修行者も心理的に、情緒的により健康になるよう
務めなければなりません。ここでも穏やかで巧みなアプローチが求められるのです。
極端に走ってはなりません。

 

 

It also can happen that someone just picks out a passage from a Buddhist text and says,
“This is the Buddhist approach.” The tendency to look at Buddhist techniques in
black-and-white terms, as if one particular technique is applicable everywhere,
universally, without any qualification, must be avoided.

仏典のひとくだりを取り出してきて、「これぞ仏教的アプローチだ」と主張する人を
しばしば見かけますが、仏教の技法を文字どおりに――ある技法が無条件であらゆる
ところで普遍的に利用できるとみなす傾向は避けなくてはなりません。

 

 

In other words, the real practice of Dharma is in some ways like a voltage stabilizer.
When there is a power surge, the function of the stabilizer is to provide stable and
constant power.

電圧に波がある地域で、安定した途切れのない電気の供給を保証するのが電圧安定器
です。心の安定をもたらす仏教の修行はその意味で電圧安定器の働きにも似ているとも
いえましょう。

 

 

  

Healing Anger: The Power of Patience from a Buddhist Perspective

Healing Anger: The Power of Patience from a Buddhist Perspective

 

 

   

The Way of the Bodhisattva: Shambhala

The Way of the Bodhisattva: Shambhala

  • 作者: Shantideva,The Padmakara Translation Group - translator,the Dalai Lama - foreword,Kunzang Pelden - commentary
  • 出版社/メーカー: Random House Audio
  • 発売日: 2018/07/03
  • メディア: Audible版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

ダライ・ラマ 怒りを癒す

ダライ・ラマ 怒りを癒す

 

 

 

菩薩を生きる 入菩薩行論

菩薩を生きる 入菩薩行論

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約