しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ダライ・ラマ 怒りを癒す」その8。例えば、キリスト教から仏教へ。「改宗」の問題をどう考えるべきか? “Dalai Lama: Healing Anger” No.8――What should we think of the matter of “conversion” such as from Christianity to Buddhism?

 

f:id:englishforhappiness:20190608074039j:plain

西洋では、仏教に対する関心が高まり、いわゆる「ナイトスタンド仏教徒」と
呼ばれる、就寝前にベッドサイドのナイトスタンドに置いた仏教関係の本を読み、心の
平和を得ている人が以前より増えています。ほとんどがキリスト教徒である彼らに
とって仏教への改宗は大きな問題。 ダライ・ラマが、やさしく語りかけます――
バイリンガルで、どうぞ。

In the West, more people than before get interested in Buddhist teachings, and called
“Nightstand Buddhist,” who are practicing bedtime reading of Buddhist books kept on the
nightstand by their bed, to attain peace of mind. For them, most are Christians,
conversion to Buddhism is a big issue. Here Dalai Lama talks gently to them――more to
come both in English and in Japanese.

 

 

 

As to one’s personal religion, I think this must be based on one’s own mental disposition.
That is very important. So I tell people that as a Buddhist monk I find Buddhism is most
suitable to me.

人は自分の心理的傾向にあった宗教を選ぶべきだと私は思います。これはとても重要な
ことです。仏教僧である私には仏教がもっとも相応(ふさわ)しい宗教です。

 

 

This does not mean Buddhism is best for everyone. That is clear. For other people, the
Christian, Muslim, or Jewish tradition, a tradition which is based on Creator theory, is
more effective, that’s certain. So it is very very important to follow religion according to
one’s own mental disposition.

といっても、これがすべての人にあてはまるわけではありません。造物主を認める
キリスト教ユダヤ教イスラム教などの伝統があっている人々もいるわけです。
このようにそれぞれの心理的傾向にあった宗教の道を歩むことが肝心なのです。

 

 

Then another thing I am always trying to make clear is that changing religion is not
a simple task. For example, here in the West, for most of you, your family background
and your traditional background are Christian. So I want to warn you that changing
religion is very complicated and difficult.

もう一つ、常々私が警告していることなのですが、自らの宗教を他に鞍替えすることは
楽な仕事ではありません。例えばここ西洋では文化的伝統も家庭的なバックグラウンド
キリスト教です。キリスト教を捨てて別の宗教に変わるのは、それなりの困難を
伴います。

 

 

Of course, for those individuals who are truly atheists, it doesn’t matter if you have more
attraction toward Buddhism. Then, good, you should take Buddhism as your religion, that
is better than remaining an atheist. Usually I call these people “extreme atheists”
because from a certain viewpoint Buddhism is also a kind of atheism. I think it’s better
than remaining an extreme atheist. So that is clear.

もちろん無神論者が仏教にひきつけられたというのなら、なんら問題はありません。
そのまま仏教を自分の宗教とすればいいのです。無神論者のままでいるより、仏教徒
なったほうがましです。仏教もある観点からすると一種の無神論なので、私は世間で
いう無神論者を「極端な無神論者」と呼んでいます。極端な無神論者でいるより仏教徒
になったほうがいいでしょう。これは確かです。

 

 

But then, for those people who have some religious feeling according to your own
tradition, then you must be very careful when considering changing. Generally speaking,
I think it is better to practice according to your own traditional background, and certainly
you can use some of the Buddhist techniques. Without accepting rebirth theory or the
complicated philosophy, simply use certain techniques to increase your power of
patience and compassion, forgiveness, things like that.

しかし、自分の文化が属している宗教になにがしかの信仰を保っている人が、他の宗教
に鞍替えする場合には充分用心することです。一般的にいって、人は自分の文化背景に
即した修行をしたほうがよいと私は思います。もちろん仏教の修行法のあるものを取り
入れるのはかまいません。転生の理論や入り組んだ仏教哲学を受け入れることなく、
忍耐力や慈悲心、許しの力を増大させるためのテクニックのみを用いるのです。

 

 

Also, I think one important thing is single-pointedness meditation, in which there is
interest among our Christian brothers and sisters. I have found that in the Greek
Orthodox Church it is called “mysticism.” So there are, of course, things you can adopt.

仏教で「止」と呼ばれる心を一所にとどめる瞑想法は、キリスト教徒の兄弟姉妹たちの
興味をひくことと思います。これはギリシア正教で「神秘主義(ミスティシズム)」と
呼ばれています。このようにあなたがたキリスト教徒でも取り入れられる仏教の
テクニックはあるのです。

 

 

But otherwise, if you hurriedly change your religion, then after some time you may find
some difficulties and some confusion. Therefore, be very careful. An important thing to
remember is that once you change your personal religion, there is a natural tendency, in
order to justify your newly adopted religion, to take a critical view toward your previous
religion. This is very dangerous.

あわてて改宗するなら、さまざまな厄介事に、困難に遭遇することでしょう。このこと
を忘れないように。また気をつけなくてはならないのは、一旦改宗すると、新しい宗教
に適応しようとするあまり、自ずと前の宗教に批判的になりがちだということです。
これは危険なことです。

 

 

Although your previous religion may be unsuitable or ineffective for you, at the same
time, millions of people may still get benefit from that tradition. So we must respect each
other’s individual rights. If it is their belief, and millions of people get their inspiration from
it, we must respect that. And there are many reasons to do so.

前の宗教があなたにあわず、なんの効果もあげなかったとしても、何億という人がその
宗教から恩恵をこうむっていることも確かです。人の権利は尊重すべきです。何億と
いう人がその宗教を拠り所とし、それがその人の信仰なら、あなたもまたその宗教を
尊重すべきです。そして、そうすべき理由はたくさんあるのです。

 

 

 

Healing Anger: The Power of Patience from a Buddhist Perspective

Healing Anger: The Power of Patience from a Buddhist Perspective

 

 

   

The Way of the Bodhisattva: Shambhala

The Way of the Bodhisattva: Shambhala

  • 作者: Shantideva,The Padmakara Translation Group - translator,the Dalai Lama - foreword,Kunzang Pelden - commentary
  • 出版社/メーカー: Random House Audio
  • 発売日: 2018/07/03
  • メディア: Audible版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

ダライ・ラマ 怒りを癒す

ダライ・ラマ 怒りを癒す

 

 

 

菩薩を生きる 入菩薩行論

菩薩を生きる 入菩薩行論

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約