しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ダライ・ラマ 怒りを癒す」その9。あなたの、その「何かに執着する心」が、怒りや憎しみの根源になっている? “Dalai Lama: Healing Anger” No.9――Is your “attachment” the root of anger and hatred?

 

f:id:englishforhappiness:20190610060957j:plain

ブッダ(悟りを得た人)とは、「何かに執着する心」から解放された人。だから、
怒りや憎しみからも解放されていると言います。仏教の名著中の名著として知られる
「入菩提行論」より引用しながら、ダライ・ラマが「執着」と「怒り」の関係について
わかりやすく解説――バイリンガルでお届けします。

A Buddha (Awakened One)is said to be the person who is liberated from “attachment”
and free from anger and hatred. Along with the quotation from “The Bodhisattva’s Way of
Life,” one of the most celebrated Buddhist work, Dalai Lama gives us the
easy-to understand commentaries on the relation between “attachment” and
“anger”――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

For example, when a fire in one house

Has moved into another house,

It is right to get rid of straw and such things

That will cause the fire to spread.

 

Likewise when the fire of hatred spreads

To whatever my mind is attached to,

I should immediately get rid of it

For fear of my merit being burned.

例えば、一軒の家の火事が

他の家にも燃え広がったなら

炎をいや増す藁(わら)などを

取り除いて、捨てるのが道理というもの

 

それと同じように何かに貪りの心をおこして

怒りの炎が煽られたなら

福徳が燃え尽きることを怖れて

すぐさま投げ捨てなければならない

 

 

In these two verses, Shantideva emphasizes the importance of dealing with attachment,
which is the root, essentially, of hatred and anger. He gives the example that if one finds
one’s house is on fire, then one should try immediately to throw away all burning straw in
order to ensure that this fire does not spread to other houses. Similarly, when the fire of
hatred spreads then it will spread because of this fuel of attachment, so what one should
be trying to do is getting rid of attachment.

この二つの詩句を通してシャーンティデーヴァは貪りの心(執着)に対処することの
大切さを強調します。怒りの根源には本質的に貪りがあります。自分の家が火事に
なったなら、他の家にまで燃え広がらないように、燃えている藁をすぐさま投げ捨て
ようとするでしょう。それと同様に、怒りの炎が、執着の心を燃料にしてさらに燃え
広がろうとするなら、すぐさまその執着を捨て去るべきです。

 

 

Generally speaking, in Mahayana literature such as Shantideva’s Compendium of
Deeds,
which presents the Bodhisattva ideals or way of life, we find an emphasis on the
importance of dealing with hatred, how to defend oneself against it and how to eliminate
it. However, he mentions that there are exceptional situations in which attachment could
be of assistance to the Bodhisattva who is working for the benefit of others. Even though
this is the case, in general it is attachment or desire which is at the root of hatred.

総じて『入菩提行論』のように菩薩の理想像と生き方を示す大乗仏教の書には、怒りを
コントロールすることの大切さが説かれ、怒りの感情から自分を守り、それを取り
除いていく方法が述べられています。とはいえ、シャーンティデーヴァは例外的に、
他者のために奉仕する菩薩はこの貪りの心すら利用するとも述べています。ただし、
こうしたケースでも概して怒りの心の核心に貪り(執着)があることは多いと
いえましょう。

 

 

The difference between hatred and attachment is that hatred, when it arises, is very
destructive, very rough; it immediately has an extremely disturbing quality. This is not so
much the case with attachment, which has more gentleness. However, attachment also
is at the root of hatred, so in order to totally eliminate hatred one must also deal with
attachment.

怒りはいったん生じると、荒々しく、破壊的で、極端に事態をかき乱す性質をもって
います。貪りはそれほど強烈ではなく、もっと穏やかなものです。しかし怒りの根源に
あるのは貪りなのですから、怒りを完全に取り除くには、貪りの心にも対処する必要が
あります。

 

 

It is important to be clear on this position that although attachment can be of aid or
assistance to the Bodhisattva when working for the benefit of others, this is not due to
the nature of attachment, but rather due to the sophistication of the skillful means which
the Bodhisattva can apply in utilizing attachment for the benefit of others. However, one
must be clear about the fundamental stand that attachment is at the root of our
unenlightened existence.

菩薩が利他行をするさい、貪りの心も利用するといいます。しかしそれは、菩薩が貪り
の心を巧みな方法で用いるすべを知っているからであり、貪りの心の本質に拠っている
わけではありません。これを忘れてはなりません。そしてまた私たちがいまだ悟りに
至らず、迷いの世界に留まらざるをえない理由のおおもとに貪りの心があるという
基本前提も念頭においておく必要があります。

 

 

Healing Anger: The Power of Patience from a Buddhist Perspective

Healing Anger: The Power of Patience from a Buddhist Perspective

 

 

   

The Way of the Bodhisattva: Shambhala

The Way of the Bodhisattva: Shambhala

  • 作者: Shantideva,The Padmakara Translation Group - translator,the Dalai Lama - foreword,Kunzang Pelden - commentary
  • 出版社/メーカー: Random House Audio
  • 発売日: 2018/07/03
  • メディア: Audible版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

ダライ・ラマ 怒りを癒す

ダライ・ラマ 怒りを癒す

 

 

 

菩薩を生きる 入菩薩行論

菩薩を生きる 入菩薩行論

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約