しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「西洋の欲望 仏教の希望」その5。アメリカが戦争を続けるのは、「制度化された恨み」のせい? “Money Sex War Karma” No.5――The reason why the United States keeps involved in war comes from “institutionalized ill will”?

f:id:englishforhappiness:20190810075306p:plain

日本の禅を会得し、仏教が現代社会においてどのような意味を持つか、刺激的な著作を
発表し続けている、ディヴィッド・ロイ。仏教の観点から、アメリカと戦争の抜き差し
ならぬ関係について解説しています――バイリンガルで、どうぞ。

David R. Loy has mastered Japanese Zen Buddhism and been publishing provocative
books about the meanings of Buddhism in modern society. From a Buddhist perspective,
he gives us commentaries on how the United States is inextricably involved in
war――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

Many examples of institutionalized ill will spring to mind: racism, a punitive judicial
system, the general attitude toward undocumented immigrants――but the “best”
example, by far, is the plague of militarism.

制度化された「恨み(瞋恚=しんに)」の例は、次々と頭に浮かぶ。例えば、人種差別、
刑罰裁判システム、正式書類を所有しない移民に対する一般的態度などがある。
しかし、筆頭に浮かぶのは、軍国主義の悪疫だろう。

 

 

In the twentieth century at least 105 million people, and perhaps as many as 170 million,
were killed in war, most of them non-combatants. Global military expenditures, including
the arms trade, amounted to the world’s largest expenditure in 2005: well over a trillion
dollars, about half of that spent by the U.S. alone. To put this in perspective, the United
Nations spends only about $10 billion a year. The United States has been a militarized
society since World War Ⅱ, and increasingly so.

二十世紀、少なくとも1億500万~1億7000万人もの人が戦争で殺された。その中の
ほとんどは兵士ではなく、一般市民だった。2005年、武器貿易を含むグローバルな
軍事支出は、世界で最も大きな支出を記録した。1兆ドルの軍事支出のうち、その半分
アメリカが占めていた。総合的に見ると、国連は1年でたったの100億ドルしか使用
していない。アメリカという国は、第二次世界大戦以来、軍事社会となっているし、
今後もそれは続くだろう。

 

 

It’s curious that our national self-defense requires us to have at least 737 (the official
number in 2005) overseas military installations, in 135 countries. It turns out that, in order
to defend ourselves, we have to dominate the rest of the world.

私たちアメリカの国家レベルの防衛には、少なくとも737か所の海外軍事施設が135か国
に必要だというのは興味深いことである(2005年の調査による)。これは、自己防衛の
ために、私たちは残りの世界を支配しなければならないという勘違いを物語っている。

 

 

While we insist that other nations do not develop nuclear weapons, we spend almost
$18 billion a year to maintain and develop our own stockpile, today equivalent to about
150,000 Hiroshima-size bombs.(Since 1997 the U.S. has conducted 23 “subcritical”
nuclear tests to help design new nuclear weapons.)

他国には核兵器の開発を禁じている一方で、私たちの国は1年で180億ドルを核兵器
開発と備蓄に費やしている。今日、その数は広島に投下された原爆の15万発相当分だと
いわれている(1997年以来、アメリカは新たな核兵器開発設計のため、23回もの未臨界
の核実験を行なっている)。

 

 

Using even two or three percent of those bombs would end civilization as we know it!
No matter how hard we try, no matter how many weapons we have, it seems like we can
never feel secure enough――just like our GNP can never be big enough.

この大量の爆弾量の2~3%を使用しただけで、私たちの文明はすべて終わってしまうと
いう。どんなに頑張って、どんなに大量の武器を所有しても、私たちはどうやら充分な
身の安全を手に入れられないようだ。これは私たちのGNPが決して満足のいくほど
大きくならないのと同じようなものだ。

 

In sum, our huge military-industrial complexes institutionalize ill will. Our collective
negativity has taken on a life of its own, with a self-reinforcing logic likely to destroy us all
if we don’t find a way to subvert it.

要約して言えば、私たちの巨大な軍産複合体が「恨み(瞋恚)」を制度化しているので
ある。そして、もしそれを覆す道を見出せないのであれば、私たちのすべてを破壊
し得る自己強化のロジックを通して、私たちの集合的「負」の性質が命を手に入れ、
一人歩きを始めてしまうということなのだ。


 

Money, Sex, War, Karma

Money, Sex, War, Karma

 

 

 

西洋の欲望 仏教の希望

西洋の欲望 仏教の希望

 

 

 

Money, Sex, War, Karma: Notes for a Buddhist Revolution

Money, Sex, War, Karma: Notes for a Buddhist Revolution

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約