しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門」。その27。渇望、嫌悪、無知などの煩悩から解放された、究極の境地「涅槃(ニッバーナ、ニルヴァーナ)」とは何か? The Art of Living: Vipassana Meditation” No.27――What is ”nibbāna, nirvāna,” the ultimate state to be liberated from mind poisons such as craving, aversion, and ignorance?

 

f:id:englishforhappiness:20200720060622j:plain

仏教に詳しくない人でも、その言葉は知っている「涅槃(ニッバーナ、ニルヴァーナ)」
――解説を、バイリンガルで、どうぞ。

Even those who are not well-informed about Buddhism may know the word ”nibbāna,
nirvāna,” ――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

Nibbāna is not just a state one goes to after death; it is something to be experienced
within oneself here and now. It is described in negative terms not because it is a negative
experience but because we have no other way in which to describe it.

ニッバーナは死んでから行くところではない。いまここで、自分自身のなかで体験
できる。「――ではない」というのは否定的な言いまわしだが、ニッバーナそのものが
否定的な体験だというのではない。そうとしか表現する方法がないのである。

 

 

Every language has words to deal with the entire range of physical and mental
phenomena, but there are no words or concept to describe something that is beyond
mind and matter. It defies all categories, all distinctions. We can describe it only by saying
what it is not.

すべての言語には、物と心の状態をことこまかに表現する言葉がたくさんある。だが、
物と心を超越した世界をあらわす言葉や概念はない。それはどのような分野にも
入らないし、どのような表現も受けつけない。あえてそれを表現しようとすれば、
「――ではない」と言うよりほかないのである。

 

 

In fact it is meaningless to try to describe nibbāna. Any description will only be confusing.
Rather than discussing and arguing about it, the important thing is to experience it. “This
noble truth of the cessation of suffering must be realized for oneself,” the Buddha said.
When one has experienced nibbāna, only then is it real for him; then all argument about
it become irrelevant.

実際、ニッバーナを説明しても意味がない。どう説明しても混乱をきたすだけだ。
ニッバーナについて話したり論じたりするより、それを体験することが重要なので
ある。「苦の止滅という聖なる真理は、みずからさとらなければならない」とブッダ
言う。自分自身で真理をありのまま体験したとき、はじめてニッバーナというものが
理解できる。そのとき、いろいろと議論したことが無意味だったことがわかるだろう。

 

 

In order to experience the ultimate truth of liberation, it is necessary first to penetrate
beyond apparent reality and to experience the dissolution of body and mind. The further
one penetrates beyond apparent reality, the more one desists from craving and aversion,
from attachment, and the nearer one approaches to ultimate truth.

心を解放する。この究極の真理を体験するためには、うわべの現実をつらぬいて、
からだと心が溶解するのを体験しなければならない。表面的な現実を深くつらぬいて
ゆくと、渇望したり嫌悪したり、執着したりすることが少なくなり、だんだん究極の
真理へ近づいてゆく。

 

 

Working step by step, one naturally reaches a stage where the next step is the experience
of nibbāna. There is no point in yearning for it, no reason to doubt that it will come.

一歩一歩修行を重ねてゆくと、知らないうちに、あと一歩でニッバーナを体験する
という段階に到達する。だが、あえてニッバーナを求めることはない。もうそこに到達
するのは疑いないからである。

 

 

It must come to all who practice Dhamma correctly. When it will come, no one can say.
This depends partly on the accumulation of conditioning within each person, partly on
the amount of effort one expends to eradicate it. All one can do, all one need to do to
attain the goal, is to continue observing each sensation without reacting.

正しくダンマを修行していれば、すべての人がかならずニッバーナに到達できる。
ただ、いつ到達するかは、だれにもわからない。それは各人の条件づけの量や、修行の
努力によって異なる。ゴールに到達するために、できること、すべきこと、それは
すべての感覚を反応せずに観察しつづけることである。

 

 

We cannot determine when we shall experience the ultimate truth of nibbāna, but we can
ensure that we keep progressing toward it. We can control the present state of mind. By
maintaining equanimity no matter what occurs outside or within us, we achieve liberation
in this moment.

ニッバーナという究極の真理をいつ体験できるか、それはわからない。ただ、
ニッバーナに向かって前進していることはたしかである。わたしたちは現在の自分の心
をコントロールできる。自分の心の平静さを維持していれば、自分の内外にどのような
ことが起こっても、いまこの瞬間、心を解放することができる。

 

 

One who had attained the ultimate goal said, “Extinction of craving, extinction of
aversion, extinction of ignorance――this is called nibbāna.” To the extent that the mind is
free of these, one experiences liberation.

究極のゴールに到達した人は言う。「渇望の炎の鎮火、嫌悪の炎の鎮火、無知の炎の
鎮火――これをニッバーナと呼ぶ」心が渇望と嫌悪と無知から自由になった分だけ、
解脱を体験できるのである。

 

 

We cannot strive to develop nibbāna, since nibbāna does not develop, it simply is. But we
can strive to develop the quality that will lead us to nibbāna, the quality of equanimity.
Every moment that we observe reality without reacting, we penetrate toward ultimate
truth. The highest quality of the mind is equanimity based on full awareness of reality.

自分が努力してニッバーナをつくる、ということはできない。ニッバーナはつくるもの
ではなく、ただそこに存在しているものだからだ。しかし、自分が努力してニッバーナ
に到達する条件をととのえることはできる。それが心の平静さなのである。反応せずに
現実を見つめているとき、その瞬間、意識は究極の真理をつらぬいている。もっとも
すぐれた心、それは現実をあますところなく気づいている平静な心なのである。

 

 

The Art of Living: Vipassana Meditation

The Art of Living: Vipassana Meditation

  • 作者:WILLIAM HART
  • 発売日: 2008/11/30
  • メディア: ペーパーバック
 

 

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約