しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ダライ・ラマ こころの育て方」その4。孤独を感じない人生になるための秘訣。

f:id:englishforhappiness:20180501082452j:plain

 

ダライ・ラマは、これまで人生において孤独を感じたことがない、と言います。
私たちの常識からすれば、羨ましいというか、驚くべき人生ですが、その秘訣を
聞くと、またしても「慈悲(compassion)」が重要な役割を果たしていました。
「慈悲」「思いやり」「情け」とも訳すことができる、この“compassion”の人生に
おける効用について、バイリンガルでご紹介します。

 

“My basic belief is that you first need to realize the usefulness of compassion.”

「これは私の基本的な信念なのですが、まずあなた自身が慈悲の有用性に気づく
必要があります」

 

“That’s the key factor. Once you accept the fact that compassion is not something
childish or sentimental, once you realize that compassion is something really worthwhile,
realize it’s deeper value, then you immediately develop an attraction towards it,
a willingness to cultivate it.”

「これこそが鍵となる要素です。あなたが慈悲というものは子供じみたあるいは
感傷的な心情ではないということを一度でも受け入れることができたら、そしてまた
慈悲というものが真に値打ちがありより深い価値があるものだと気づいたならば、
すぐに慈悲に対してより魅力を感じて、それを育てようと思うようになるでしょう」

 

“And once you encourage the thought of compassion in your mind, once that thought
becomes active, then your attitude towards others changes automatically. If you
approach others with the thought of compassion, that will automatically reduce fear and
allow an openness with other people.”

「そして一度でも慈悲の心を内面に根づかせようと動き出せば、その心が活動して
くれば、その時には他の人に対するあなたの態度はおのずと変わってきます。慈悲の心
をもって人と接したら、おのずと恐れは消え、寛大な心で他の人と接することが
できます」

 

“It creates a positive, friendly atmosphere. With that attitude, you can approach
a relationship in which you, yourself, initially create the possibility of receiving affection or
a positive response from the other person.”

「慈悲の心は肯定的で、親しみに満ちた雰囲気をつくりだすものなのです。そのような
態度で接すれば、他の人からの愛情や肯定的な反応を受け取ることができるように
なり、あなたのほうから人との関係をつくりだせるのです」

 

“And with that attitude, even if the other person is unfriendly or doesn’t respond to you
in a positive way, then at least you’ve approached the person with a feeling of openness
that gives you a certain flexibility and the freedom to change your approach as needed.”

「そういう態度で接すれば、たとえ他の人が敵意をもっていたり、または肯定的でない
やり方で接してきても、少なくともあなたのほうは、必要とあらばアプローチの仕方を
変えることのできる柔軟性と自由をあなたに与えてくれる心の広さをもって、その人に
接したことになります」

 

“That kind of openness at least allows the possibility of having a meaningful conversation
with them. But without the attitude of compassion, if you are feeling closed, irritated, or
indifferent, then you can even be approached by your best friend and you just feel
uncomfortable.”

「開かれた心というものは、人と人との会話を意義あるものにしてくれます。慈悲心の
ある接し方を失ってしまうと、あなたの心は閉ざされ、いらだち、冷淡になって
しまい、たとえ自分の親友が近づいてきた時でも居心地が悪くなるのです」

 

“I think that in many cases people tend to expect the other person to respond to them
in a positive way first, rather than taking the initiative themselves to create that
possibility. I feel that’s wrong; it leads to problems and can act as a barrier that just
serves to promote a feeling of isolation from others. So, if you wish to overcome that
feeling of isolation and loneliness, I think that your underlying attitude makes
a tremendous difference. And approaching others with the thought of compassion
in your mind is the best way to do this.”                                                                                                                                                                                 

「どんな人でも他の人に接する時は、自分からイニシアティブをとっていくよりも、
他の人のほうから喜んで迎えられたいと思う傾向があると私は思います。ですが、
それはまちがっていると思います。そういう接し方は問題につながるだけで、他の人
との間に孤立感を育ててしまう障壁になるだけです。ですから、もしあなたが孤立感や
孤独感を克服したいのなら、あなたの態度を根本的に変える必要があります。その際
最良の方法は、慈悲の心をもって他の人と接することなのです」

 

いかがでしたか?以下、ダライ・ラマのメッセージ「思いやりと個人」をご紹介して
おきます。「慈悲、思いやり (compassion) 」に関する、より詳しい発言です。
ご参考まで。

 

英語

https://www.dalailama.com/messages/compassion-and-human-values/compassion

 

日本語

http://www.tibethouse.jp/dalai_lama/message/compassion_and_individual.html

 

 

  

ダライ・ラマ こころの育て方

ダライ・ラマ こころの育て方

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約