しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

ハーバード超人気講座「HAPPIER」その11。幸せを追求する際の最大の障害は、あなたの中の「ある感覚」。 Harvard University’s most popular course “HAPPIER” No.11――The greatest impediment you face in your pursuit of happiness is “a certain feeling within you.”

 

f:id:englishforhappiness:20181214063402j:plain

幸せを追求する能力は誰もが持っている天賦の才能。しかし、それにもかかわらず、
私たちが幸せを追い求めることを邪魔する障害がある――それは、「自分は幸せに
生きるに値しない」という漠然とした感覚。この感覚を排除できて初めて、私たちは
本当に幸せになれる――解説をバイリンガルでお届けします。

The capacity for the pursuit of happiness is a gift of nature to everybody. But there is
nevertheless the impediment we face in our pursuit of happiness: our feeling that we are
somehow unworthy of happiness. We can truly be happy only after we get rid of this
feeling――more to come both in English and in Japanese.

 

 

幸せに生きられるようになるには、この本で説明してきた理論を理解するだけでは
不充分です。自分は幸せに生きるに値しないという感覚を排除できて初めて、この理論
は効力を発揮します。なぜならば、この自虐的なフィーリングを抱きつづけている
かぎり、私たちは、幸せを追求する自分の能力を、ありとあらゆる手段を用いて制限
しようとするからです。

Understanding the theory of happiness that I have presented here――our need for both
pleasure and meaning in our lives――is not enough to guarantee sustained happiness.
If, at some level, we feel unworthy of being happy, we will find ways to limit our capacity
for happiness. We may overlook or fail to appreciate potential sources of the ultimate
currency, we may focus our energy on activities that make us unhappy, we may trivialize
the happiness we do experience, or we may constantly remind ourselves of all the things
we are not happy about.

 

 

多くの人たちが、究極の通貨(幸せ)をタップリと稼がせてくれる仕事がいくらでもある
のに、わざわざ嫌いな仕事を選択しています。親密に触れ合うことのできる人たちが
周囲にいくらでもいるのに、わざわざ孤独を選択している人たちや、不幸せな人間関係
を、改善の余地がいくらでもあるというのに、そのまま維持することを選択している
人たちも、たくさんいます。

Many people choose to do work they dislike when they could easily find work that pay
them well in the ultimate currency; many people resign themselves to being either alone
or in an unhappy relationship rather than making the effort to find a person with whom to
share their lives or to cultivate their existing relationship.

 

 

しかし、みずから幸せを遠ざけるようなことを、なぜ私たちは行なうのでしょう?
作家のマリアン・ウィリアムソンが、著書『愛への帰還――光への道「奇跡の学習
コース」』(大内博訳 太陽出版)のなかで説明しています。

Why would anyone actively deprive himself of happiness? In her book A Return to Love,
Marianne Williamson says:

 

 

「私たちがもっとも恐れているものは、何かをうまくできないことなどではなく、
私たちの果てしない可能性です。私たちをもっとも怖がらせているのは、私たちの闇
ではなく、私たちの光なのです。私たちは自分に言い聞かせます。『こんな自分が、
光り輝く、華麗で、有能で、驚くべき人間になど、なれるはずがない』。しかし、
誰もが、そんな人間になれないはずがないのです。」

Our deepest fear is not that we are inadequate. Our deepest fear is that we are powerful
beyond measure. It is our light, not our darkness, that most frightens us. We ask
ourselves who am I to be brilliant, gorgeous, talented and fabulous? Actually, who are
you not to be?

 

 

私たちは、幸せになれないはずがないのです。だというのに、私たちはなぜ、闇よりも
光を怖がっているのでしょう。自分は幸せに生きるに値しないなどと、どうして考える
のでしょう。

Who are we not to be happy? Why does the light frighten us more than darkness? Why
do we think that we are unworthy of happiness?

 

 

なかには、失うことを恐れるあまり、失いうるものを持たないことで安心感を得ようと
する人たちもいます。幸せであるということは、失いうるものがたくさんあるという
ことにほかなりません。そのために彼らは、喪失によって被るダメージを回避しようと
して、獲得の可能性を排除しようとします。最悪を恐れるために、最初から最善を
求めないわけです。

A person who fears loss may protect himself by ensuring that he has nothing to lose.
When we are happy, we have a lot to lose. To avoid the devastation of a loss, we
exclude the possibility of any gain. We fear the worst and thus, from the outset, deprive
ourselves of the best.

 

 

幸せな人生を送るために、何よりもまず必要なことは、自分は幸せに生きるに値する
人間であり、自分にはそうする権利がある、ということを自覚することです。心理学者
ナサニエル・ブランデンが書いています。「私たちは、もし何かを手に入れたい
ならば、まず最初に、自分がそれを艇入れるに値する人間であることを自覚しなくては
なりません。幸せに生きたいならば、まず最初に、自分が幸せに生きるに値する人間で
あることを自覚しなくてはならないのです」

To lead a happy life, we must experience a sense of inherent worthiness. As Nathaniel
Branden writes, “In order to seek values, man must consider himself worthy of enjoying
them. In order to fight for happiness, he must consider himself worthy of happiness.”

 

 

  

 

Happier: Can You Learn to Be Happy?

Happier: Can You Learn to Be Happy?

 

  

HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義

HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義

 

  

Happier: Learn the Secrets to Daily Joy and Lasting Fulfillment

Happier: Learn the Secrets to Daily Joy and Lasting Fulfillment

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約