しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「幸せがずっと続く12の行動習慣」その3。科学によって証明された、「感謝の気持ちを表すこと」が「あなたの幸福度を高める行動」になる8つの理由とは? “The How of Happiness” No.3――What are “the eight reasons for why “expressing gratitude” becomes “happiness activity” that has been shown to be successful through science?

 

f:id:englishforhappiness:20190121063330j:plain

「今よりももっと幸せになる方法」を、いわゆる「自己啓発本」とは違う革新的な
科学調査によって発見したベストセラー「幸せがずっと続く12の行動習慣」。今回は、
「幸福度を高める行動」の中でも「感謝の気持ちを表すこと」が最も効果的である
8つの理由を、バイリンガルでお届けします。

“The How of Happiness” is the best-seller which, different from so-called “self-help book,”
contains the discoveries about “how to become happier,” through groundbreaking
scientific research. This time, I bring to you, both in English and in Japanese, the eight reasons for why “expressing gratitude” is the most effective one of “happiness activities.”

 

 

 

 

First, grateful thinking promotes the savoring of positive life experiences. By relishing
and taking pleasure in some of the gifts of your life, you will be able to extract the
maximum possible satisfaction and enjoyment from your current circumstances.

第1に、感謝をすると、いっそうポジティブな人生を味わえるようになるからです。
人生が与えてくれた贈り物を享受し、そこから喜びを得ることで、「いま」という瞬間
から最大の満足感と楽しみを引きだせるようになるのです。

 

 

Second, expressing gratitude bolsters self-worth and self-esteem. When you realize how
much people have done for you or how much you have accomplished, you feel more
confident and efficacious.

第2に、感謝の気持ちを表わすと、自尊心や自信が強まることです。ふだんまわりの
人たちにどれほどのことをしてもらっているか、自分がどれだけのことを成し遂げた
のかがわかれば、もっと自信をもつことができ、誰かの役に立っていると感じられるの
です。

 

 

Unfortunately, for many people, it comes more naturally to focus on failures and
disappointments or on other people’s slights and hurts. Gratefulness can help you
unlearn this habit. Instead of automatically thinking, “Woe in me,” response to any
setback, the practice of gratitude encourages you instead to consider what you value
about your current life or how you are thankful that things aren’t worse.

残念ながら、多くの人は、たいてい失敗や失望、他人から受けた侮辱や心の傷に目を
向けがちです。感謝の心は、このような習慣を捨て去るための助けとなるでしょう。
感謝の気持ちをもつと、どんな挫折を経験したときにも、反射的に「悲しい」と思う
のではなく、いまの生活で何が大切か
? またどうすれば、いまよりもよい状況にする
ことができるのかと考えられるようになります。

 

 

Third, gratitude helps people cope with stress and trauma. That is, the ability to
appreciate your life circumstances may be an adaptive coping method by which you
positively reinterpret stressful or negative life experiences.

第3に、感謝はストレスやトラウマに対処するための助けとなることです。つまり、
現状を有り難いと感じれば、ストレスが多かったり、ネガティブだったりする人生経験
をポジティブに考え直し、物事に対処できるようになるからです。

 

 

Indeed, traumatic memories are less likely to surface――and are less intense when they
do――in those who are regularly grateful. Interestingly, people instinctively express
gratitude when confronted with adversity. For example, in the days immediately after the
September 11, 2001, terrorist attacks on the United States, gratitude was found to be the
second most commonly experienced emotion (after sympathy).

実際、定期的に感謝の気持ちを表わす人には、トラウマとなった記憶があまり
現われず、現われたとしてもごくわずかしか影響を及ぼさなかったのです。さらに
興味深いのが、逆境に直面したとき、人は本能的に感謝を表わします。たとえば、
テロリストによるアメリカの攻撃があった2001年9月11日の直後、「感謝」は2番目に
よく現われた感情でした(1番目は「同情」でした)。

 

 

Fourth, the expression of gratitude encourages moral behavior. As I mentioned earlier,
grateful people are more likely to help others (e.g., you become aware of kind and caring
acts and feel compelled to reciprocate) and less likely to be materialistic(e.g., you
appreciate what you have and become less fixated on acquiring more stuff).

第4に、感謝の気持ちを表わすと、道徳的な行動ができるようになることです。前にも
述べましたが、感謝ができる人は他人を助ける傾向が強く、いまあるものに感謝し、
物に依存する傾向がより少なくなるのです。

 

 

In one study, people induced to be grateful for a specific kind act were more likely to be
helpful toward their benefactor, as well as toward a stranger, even when the helping
involved doing as unpleasant, tedious chore.

ある研究によると、親切な行為に感謝しようという気になった人々は、恩人に対して
より協力的になるだけでなく、知らない人に対しても力になろうとするそうです。
たとえ、手を貸すことで、不愉快だったり、退屈な雑用をする羽目になるとしても。

 

 

Fifth, gratitude can help build social bonds, strengthening existing relationships and
nurturing new ones. Keeping a gratitude journal, for example, can produce feelings of
greater connectedness with others. Several studies have shown that people who feel
gratitude toward particular individuals (even when they never directly express it)
experience closer and “higher-quality” relationships with them.

第5に、感謝は社会的な絆をつくる助けとなり、従来の人間関係を強固なものとし、
新しい人間関係を築くのに役立つことです。たとえば、「感謝日記」を続けると、
他人とのつながりをより感じられるようになるでしょう。特定の人に感謝の気持ちを
持つ人は、より親密で、より良質な人間関係をこれまで築いてきたことが、いくつかの
研究からもわかっています。

 

 

Sixth, expressing gratitude tends to inhibit invidious comparison with others. If you are
genuinely thankful and appreciative for what you have (e.g., family, health, home), you
are less likely to pay close attention to or envy what the Joneses have.

第6に、感謝の気持ちを表わすことができると、他人と比較して不公平だと感じる
ことが少なくなるということです。家族や健康、故郷など自分がもっているものを
心から有り難いと思い感謝すれば、隣人をうらやむことはほとんどないでしょう。

 

 

Seventh, the practice of gratitude is incompatible with negative emotions and may
actually diminish or deter such feelings as anger, bitterness, and greed. As one
psychiatrist has argued, “gratitude....dissolves negative feelings: anger and jealousy melt
in its embrace, fear and defensiveness shrink.”

第7に、感謝をすることは、ネガティブな感情と相容れないということです。感謝を
すると、怒りや恨み、貪欲さなどの感情を、実際に減らしたり、なくしたりすることが
できます。精神科医のロジャー・ウォルシュは「感謝(中略)はネガティブな感情を
なくすもの。感謝することで、怒りや嫉妬は溶けてなくなり、恐れや防御心が減少
する」と語っています。

 

 

Last but not least. Gratitude helps us thwart hedonic adaptation. If you recall, hedonic
adaptation is illustrated by our remarkable capacity to adjust rapidly to any new
circumstance or event. This is extremely adaptive when the new event is
unpleasant, but not when a new event is positive. So when you
gain something good in your life――a romantic partner, a genial officemate, recovery
from illness, a brand new car――there is an immediate boost in happiness and
contentment. Unfortunately, because of hedonic adaptation, that boost is usually
short-lived.

最後に、感謝には「快楽順応」を防ぐ効果があります。覚えているでしょうか?
快楽順応とは、どんな新しい環境や出来事にもすばやく適応できる、人間の驚くべき
能力のことです。とりわけ人が順応するのは、不愉快な出来事が起きたときです。
ポジティブな出来事のときは、それほどでもありませんが、人生で素晴らしいものを
手に入れたとき(愛する恋人や楽しい仕事仲間、病気からの回復、新車を購入する
など)、幸福感や満足感はたちまち高まるでしょうが、あいにく快楽順応のせいで、
そんな高揚した状態はそう長くは続かないのが普通です。

 

As I’ve argued earlier, adaptation to all things positive is essentially the enemy of
happiness, and one of the keys to becoming happier lies in combating its effects, which
gratitude does quite nicely. By preventing people from taking the good things in lives for
granted――from adapting to their positive life circumstances――the practice of gratitude
can directly counteract the effects of hedonic adaptation.

これまで述べたように、ポジティブなものに慣れてしまうことは、幸福にとって
「天敵」といえます。だから、もっと幸福になるための鍵の1つは、快楽順応の影響と
戦うことにあります。つまり、感謝をすることがきわめて有効なのです。人生に起こる
「いいこと」を当たり前のように思わないなら、感謝をすることで「快楽順応」の影響
にも抗うことができます。

 

 

 

 

 

The How Of Happiness: A Practical Guide to Getting The Life You Want

The How Of Happiness: A Practical Guide to Getting The Life You Want

 

  

幸せがずっと続く12の行動習慣

幸せがずっと続く12の行動習慣

 

 

The How of Happiness: A Scientific Approach to Getting the Life You Want

The How of Happiness: A Scientific Approach to Getting the Life You Want

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約