しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「幸せがずっと続く12の行動習慣」その15。科学によって証明された、「宗教を実践すること」が「あなたの幸福度を高める行動」になる理由とは? “The How of Happiness” No.15――What are the reasons for why “practicing religion ” becomes “happiness activity” that has been shown to be successful through science.

 

f:id:englishforhappiness:20190214064209j:plain

スピリチュアル(精神的)なものや宗教に関わることを躊躇する日本人は多いでしょう。
事実、神や仏について研究室で調べることも、神聖なものを数値化することもできない
と言います。けれども、信仰心を持ち、宗教的なものが生活の一部となり、神聖なもの
を探し求めるということの結果については研究ができないわけではない。実際、
トラウマとなる出来事を経験したあと、信仰心のある人のほうが信仰心をもたない人
よりも回復状態がよく、健康で幸福を感じることが、進歩しつつある心理学によって
裏づけられている――解説をバイリンガルでお届けします。

Many people in Japan might be hesitant to get involved with spirituality and religion. In
fact, it is said that God and Buddha cannot be investigated in the laboratory, and the
sacred cannot be quantified. However, it doesn’t mean that the consequences of having
religious beliefs, practicing in religious life, or searching for the sacred cannot be studied.
Indeed, a growing body of psychological science is suggesting that religious people are
happier, healthier, and recover better after trauma than nonreligious people――more to
come both in English and in Japanese.

 

 

 

 

Other studies have shown that relative to nonreligious folks, those active in their religions
lives longer with a variety of diseases and are healthier in general. For example, if you are having serious cardiac surgery and receive strength and comfort from your religious
faith, you’ll be almost three times more likely to be alive six months later. The trouble is
that we don’t really know why.

ほかの研究からも、信仰をもたない人と比べて、宗教活動を行なう人のほうがさまざま
な疾患をもちながらも長生きし、一般的に健康であることがわかりました。たとえば、
心臓病の大がかりな手術を受けた人が信仰から力や慰めを得ると、半年後の生存率が
ほぼ3倍になったそうです。ただし、その研究にも理由が明確にはわからない、という
問題がありますが。

 

 

But what about the fact that they’re happier, more satisfied with their lives, and cope
better with crises? For instance, 47 percent of people who report attending religious
services several times a week describe themselves as “very happy,” versus 28 percent
of those who attend less than once a month.

では、彼らが信仰心をもたない人よりも幸福で、人生に満足し、危機への対処が上手な
理由についてはどうでしょうか? たとえば、週に数回、礼拝に出席すると報告している
人の47%は自分が「とても幸せ」だと答えているのに対し、月に1回以下しか礼拝に
でない人の場合は28%という結果がでています。

 

 

The social support and sense of identity provided by belonging to a close-knit religious
organization (church, temple, or mosque) could be the operative mechanisms. This isn’t
surprising; religious services and the many activities associated with them (such as
charities, volunteer programs, and outreach initiatives) bring together people who have
a lot in common.

教会や寺社、モスクなど生活と結びつきの強い宗教的な組織に属することで、そこから
得られる社会的支援や一体感が効果をもたらすのでしょう。なぜなら、礼拝や、慈善
事業やボランティア活動、奉仕活動への取り組みなど、それにともなうさまざまな活動
によって、共通点の多い人々が1つにまとまるからです。

 

 

So it's possible that the fact that religious people are happier than the nonreligious has
nothing to do with the substance of their religious and spiritual beliefs――with God, with
living life in accordance to their holy texts, with the sanctity of life, or with the sense of
meaning that religious faith gives their lives――and everything to do with the simple fact
that their religions bring them into contact with other similarly minded and caring people.

そのような理由から、信仰の厚い人が信仰をもたない人より幸せなのは、宗教的な信念
聖典などの本質による影響というよりも、信仰によって同じような精神の持ち主や
思いやりがある人との交流が生まれるという単純な事実とおそらく関係がありそう
です。

 

 

So far I have been muddling a bit the words spiritual and religious. What’s the
difference? There is certainly a lot of overlap, but the overlap isn’t complete. Spirituality
is defined as a “search for the sacred” ――that is, a search for meaning in life through
something that is larger than the individual self (“self-transcendence” is a good label).
Spiritual individuals refer to God or to related concepts like divine power or ultimate truth.

では、「スピリチュアル(精神的)なもの」と「信仰」との違いは何でしょうか? この
2つには重なる部分も多くありますが、まったく同じものではありません。
「スピリチュアル」とは、「聖なるものを求めること」と定義されています。つまり、
人間よりも大きな存在を通じて、人生における意味を探し求めることといえます。
スピリチュアルなことを信じている人は、神や神に関した概念を、聖なる力とか究極の
真実ととらえています。

 

 

However, those of you who do not believe in God may still be able to sanctify ordinary
things on earth. If you think of your work as a calling (divine or not), if you perceive your
children as blessings, if you understand love as eternal, or if you believe that body is
holy, you are imbuing aspects of life with sacred or divine qualities. Sanctification, it turns
out, can provide motivation, meaning, and satisfaction.

また、神や神に関した概念を信じていない人でも、自分の身の回りにあるものを神聖化
していることがあるでしょう。たとえば、もしあなたがいまの自分の仕事を天職だと
思っているならば、わが子を恵みとみなすならば、愛を永遠のものと理解している
ならば、肉体を神聖なものと信じているならば、スピリチュアルな面を人生のある部分
に吹き込んでいるといえます。何かを神聖化することで、意欲や意義、満足感が
得られるのです。

 

 

Scientists can no longer ignore the powerful influences of spirituality and religion on
health and well-being. If nothing else, the statistics should compel them. In the United
States alone the vast majority of individuals, about 95%, believe in God. If you so
choose, and in your own way, you can harness the benefits of faith to improve your
happiness and your life.

スピリチュアルなものが健康や幸福度に与える強力な影響を、もはや科学者も無視
できなくなっています。統計の結果を見れば、うなずかざるを得ません。米国だけ
でも、約95%もの人が神を信じているのです。幸福度を高めるために、あなたが
「内面的なものを大切にする」という方法を選んだならば、自分なりのやり方でその
恩恵を活かして、人生をよりよいものにしていってください。

 

 

  

The How Of Happiness: A Practical Guide to Getting The Life You Want

The How Of Happiness: A Practical Guide to Getting The Life You Want

 

  

幸せがずっと続く12の行動習慣

幸せがずっと続く12の行動習慣

 

 

The How of Happiness: A Scientific Approach to Getting the Life You Want

The How of Happiness: A Scientific Approach to Getting the Life You Want

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約