しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「鈴木大拙: 愛と力」その6。人を盲目にし、世界を危機に陥れているのは、「愛」ではなく、「力」? “Daisetz Suzuki: Love and Power” No.6――Is it not “love” but “power,” which makes people blind and brings the world to a crisis?

 

f:id:englishforhappiness:20191027080115j:plain

日本文化を世界に紹介することに多大な貢献をした、鈴木大拙。「力」が、いかに人を
盲目にし、世界を危機に陥れているかについて解説――バイリンガルで、どうぞ。

Daisetz Suzuki made a great contribution to introducing Japanese culture to the world.
He gives us the commentaries on how “power” makes people blind and brings the world
to a crisis ――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

It was Simone Weil, I understand, who defined power as a force which transforms
a person into a thing. I would like to define love as a force that transforms a thing into
a person. Love may thus appear to be something radically opposed to power, and love
and power may be regarded as mutually exclusive, so that where there is power there
cannot be any shadow of love, and where love is, no power can ever intrude upon it.

力とは人を物に変えるちからである、と定義したのは、シモーヌ・ウェイルだったと
思う。自分は、愛とは物を人に変えるちからである、と定義したい。かくして、愛は
力と根本的に対立するもののようにもみえる。愛と力はたがいに排除し合い、
したがって、力のあるところには愛の影さえささず、また愛のあるところには力は
まったく立ち入る余地もないと考えられる。

 

 

This is true to a certain extent, but the real truth is that love is not opposed to power; love
belongs to an order higher than power, and it is only power that imagines itself to be
opposed to love. In truth, love is all-enveloping and all-forgiving; it is a universal solvent,
an infinitely creative and resourceful agent.

これは、ある程度までは正しい。だが真実には、愛は力に対立するものではない。愛は
力よりも高い世界に属し、愛に対立すると思い込んでいるのは、力の方だけである。
まことに、愛は一切を包み、一切を許す。それは一切を和らげ、かぎりなく創造して
尽きるところを知らぬ。

 

 

As power is always dualistic and therefore rigid, self-assertive, destructive, and
annihilating, it turns against itself and destroy itself when it has nothing to conquer. This
is in the nature of power, and is it not this that we are witnessing today, particularly in our
international affairs?

力はつねに二元的である。したがって固定的で、自我を主張し、破壊におもむき、
すべてを滅却する。そしてもはや征服すべきものがなくなると、おのれに鉾先を向け、
おのれを滅ぼすに到る。力とはこのような性格のものだが、これは、今日われわれの
目撃するところではないか。それは国際問題において殊に顕著である。

 

 

What is blind is not love but power, for power utterly fails to see that its existence is
dependent upon something else. It refuses to realize that it can be itself only by allying
itself to something infinitely greater than itself.

愛は盲目というが、盲目なのは愛ではなくて、力である。けだし、力は、おのれの存在
が何か他のものに依ることをまったく見落としている。それは、自己とはくらぶべくも
ない大いなる何ものかにおのれを結びつけることによって、はじめてそれ自身で
あり得ることを認めようとしない。

 

 

Not knowing this fact, power plunges itself straight into the pit of self-destruction. The
cataract that blinds the eye must be removed in order that power may experience
enlightenment. Without this experience everything becomes unreal to the myopically
veiled eye of power.

この事実を知らぬままに、力は自滅の淵に一直線に飛び込んでゆく。力が悟りを体験
するには、まず、その眼を覆うとばりを取り除かなければならない。この体験なくして
は、力の近視眼的まなこには、真のすがたは一切うつらない。

 

 

When the eye fails to see reality as it is, that is, in its suchness, a cloud of fear and
suspicion spreads over all things that come before it. Not being able to see reality in its
suchness, the eye deceives itself; it becomes suspicious of anything that confronts it and
desires to destroy it. Mutual suspicion is thus let loose, and when this takes place no
amount of explanation will reduce the tension. Each side resorts to all kinds of sophistry
and subterfuge, which in international politics go under the name of diplomacy. But so
long as there is nowhere any mutual trust and love, and the spirit of reconciliation, no
diplomacy will alleviate the intensity of the situation which it has created by its own
machinery.

まなこあるがままの実在、すなわち実相を見得ない時、恐怖と疑惑の雲が、見るもの
すべてを覆う。実在の実相を見ることあたわずして、まなこはみずからをあざむく。
相対するものをことごとく疑いはじめ、破壊しようと欲する。こうしてたがいに疑って
とどまるところを知らず、こうなっては、いかに説明しようとも、対立緊張を和らげる
ことはできない。双方がありとあらゆる詭弁、奸策を弄する。これが国際政治では、
外交という名の下に行なわれる。だが、相互の信頼と、愛と、和解の精神の存せぬ
かぎり、いかなる外交も、みずからのからくりによって創り出した緊張状態を緩和する
ことはできないであろう。

 

 

Those who are power intoxicated fail to see that power is blinding and keeps them within
an ever-narrowing horizon. Power is thus associated with intellection, and makes use of
it in every possible way.

力に酔った人々は、力が人を盲目にし、しだいにせばまる視界に人を閉じ込めるものだ
ということに気づかない。こうして力は知性と結びつき、あらゆる方法でそれを利用
する。

 

 

Love, however, transcends power because, in its penetration into the core of reality, far
beyond the finiteness of the intellect, it is infinity itself. Without love one cannot see the
infinitely expanding network of relationships which is reality. Or we may reverse this and
say that without the infinite network of reality we can never experience love in its true
light.

だが、愛は力を超越する。なぜならば、愛は実在の核心に滲透し、知性の有限性を
はるかに越えて、無限そのものであるからである。愛なくしては、人は、無限に
ひろがる関係の網、すなわち実在を見ることはできない。あるいは、これを逆に
言えば、実在の無限の網なくしては、真に愛を体験することはできない。

 

 

  

Selected Works of D. T. Suzuki: Comparative Religion

Selected Works of D. T. Suzuki: Comparative Religion

  • 作者: Daisetz Teitaro Suzuki,Richard M. Jaffe,Jeff Wilson,Tomoe Moriya
  • 出版社/メーカー: Univ of California Pr
  • 発売日: 2016/08/02
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

Awakening of Zen

Awakening of Zen

 

(この本にも、"Love and Power" が収録されています)

 

 

禅 (ちくま文庫)

禅 (ちくま文庫)

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約