しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「西田幾多郎:善の研究」その6。神と私たちの個人性との関係、神の力と愛の力との関係とは? “Kitaro Nishida: An Inquiry Into The Good” No.6――What is the relation between God and our individuality? What is the relation between the power of God and our power of love?.

 

f:id:englishforhappiness:20191110055411j:plain

時代を超えて、読み継がれてきた名著「善の研究」。神と私たちの個人性はどのように
関わっているか? そして私たちの愛の力はどこから来るのか?――解説を、
バイリンガルで、どうぞ。

“An Inquiry Into The Good” is the masterpiece which has been read throughout the ages.
In this book, Nishida, the author, gives us commentaries on how God is related to our
individuality and where our power of love comes from――more to come both in English
and in Japanese.

 

 

 

Although there is probably no independent individuality separate from God, our
individuality should not be regarded as a mere phantasm; rather it is part of God’s
development, one of God’s activities of differentiation. Just as all people are born with
a mission given by God, individuality is an offshoot of divinity and each person’s
development completes God’s development.

もとより、神より離れて独立せる個人性というものはなかろう。しかし、これがために
我々の個人性は全然虚幻(きょげん)と見るべきものではない、反って神の発展の一部
と見ることもできる、すなわちその分化作用の一とみることもできる。すべての人が
各自神より与えられた使命をもって生まれてきたというように、我々の個人性は神性の
分化せるものである。各自の発展はすなわち神の発展を完成するのである。

 

 

In this sense, our individuality possesses an eternal life and constitutes an eternal
development. (See Royce’s discussion of the immortality of the soul.) The relation
between God and our individual consciousness is the relation between the entirety of
consciousness and one part of it. In all mental phenomena, each part stands in the unity
of the whole, and at the same time each must be an independent consciousness.
(In mental phenomena, each part is an end in itself.) In fact, that all things are the
manifestation of a single, peerless God does not necessarily imply the negation of each
person’s self-aware independence. This situation is like an individual unity holding sway
over one’s consciousness from moment to moment while each momentary
consciousness is an independent consciousness.

この意味において我々の個人性は永久の生命を有し、永遠の発展を成すということが
できるのである(ロイスの霊魂不滅論を看(み)よ)、神と我々の個人的意識との関係
は意識の全体とその部分との関係である。すべて精神現象においては各部分は全体の
統一の下に立つとともに、各自が独立の意識でなければならぬ(精神現象においては
各部分が end in itself である)、万物は唯一なる神の表現であるということは、
必ずしも各人の自覚的独立を否定するにおよばぬ。例えば、我々の時々刻々の意識は
個人的統一の下にあるとともに、各自が独立の意識であると見ることもできると一般
である。

 

 

Illingworth stated that one personality necessarily seeks another, and that in the other
personality the self attains to the satisfaction of the personality as a whole; in other
words, love is an indispensable characteristic of personality. To acknowledge another
personality is to acknowledge one’s own, and the relationship in which people mutually
acknowledge their personalities――that is, in love, two personalities, while independent
and respecting each other, join together and constitute one personality, Viewed this way,
God can envelop all personalities and acknowledge their independence because God is
infinite love.

イリングウォルスは「一の人格は必ず他の人格を求める、他の人格において自己が
全人格の満足を得るのである、すなわち愛は人格の欠くべからざる特徴である」と
いっている。他の人格を認めるということはすなわち自己の人格を認めることである、
しかして、かく各々が相互に人格を認めたる関係はすなわち愛であって、一方より
見れば両人格の合一である。愛において二つの人格が互いに相尊重し相独立しながら
しかも合一して一人格を形成するのである。かく考えれば、神は無限の愛なるが故に、
すべての人格を包含するとともにすべての人格の独立を認めるということができる。

 

 

The following poem is written by me, inspired by the commentaries given by Nishida.
Please read it if you would like to.

以下は、西田幾多郎の解説にインスパイアされて、私が書いた詩です。よろしかったら
ご一読下さい。

 

                                         One

 

すべてのものには       On everything

ひとつにしようとする力が           There is a power

働いており                                      To make it one.

人はこれを「神」とよぶ               People call this “God.”

 

すべてのものは                              Within everything

ひとつになろうとする力を            There is a power

持っており                                       To become one

人はこれを「愛」と呼ぶ                 People call this “love.”

 

 

An Inquiry into the Good

An Inquiry into the Good

 

 

 

善の研究 <全注釈> (講談社学術文庫)

善の研究 <全注釈> (講談社学術文庫)

 

 

 

西田幾多郎 『善の研究』 2019年10月 (NHK100分de名著)

西田幾多郎 『善の研究』 2019年10月 (NHK100分de名著)

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約