しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「西田幾多郎:善の研究」その4。神とは何か? その最も説得力のある答えとは? “Kitaro Nishida: An Inquiry Into The Good” No.4――What is God?; What is the most convincing answer to this question?

 

f:id:englishforhappiness:20191106062212j:plain

時代を超えて、読み継がれてきた名著「善の研究」。その中に、「神とは何か?」
という質問に対する、私が出会った中で、最も説得力のある答えがありました――
バイリンガルで、どうぞ。

“An Inquiry Into The Good” is the masterpiece which has been read throughout the ages.
In this book, I found the most convincing answer I have ever come across to the
question; What is God? ――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

God is the foundation of the universe. As I said before, I do not regard God as
a transcendent creator outside the universe, for God is the base of this reality. The
relation between God and the universe is not like the relation between an artist and the
artist’s work; rather, it is the relation between a noumenon and a phenomenon. The
universe is not a creation of God but a manifestation of God. From the movement of the
sun, moon, and stars without, to the intricate workings of the human mind within, there is
nothing that is not a manifestation of God. We can worship the divine light of God in the
foundation of each of these things.

神とはこの宇宙の根本をいうのである。上に述べたように、余は神を宇宙の外に超越
せる造物者とは見ずして、ただちにこの実在の根底と考えるのである。神と宇宙との
関係は芸術家とその作品との如き関係ではなく、本体と現象との関係である。宇宙は神
の所作物ではなく、神の表現(manifestation)である。外は日月星辰の運行より、内は
人心の機微に至るまでことごとく神の表現でないものはない、我々はこれらの物の根底
においていちいち神の霊光を拝することができるのである。

 

 

The relation between the universe and God is the relation between our phenomena of
consciousness and their unity. Just as mental images in both thinking and willing are
unified by a goal concept and as all things are expressions of the unifying concept, so is
God the unifier of the universe and is the universe a manifestation of God. This
comparison is not metaphorical――it is a fact.

宇宙と神との関係は、我々の意識現象とその統一との関係である。思惟においても意志
においても心象が一つの目的観念により統一せられ、すべてがこの統一的観念の表現と
見なされる如くに、神は宇宙の統一者であり宇宙は神の表現である。この比較は単に
比喩ではなくして事実である。

 

 

God is the greatest and final unifier of our consciousness; our consciousness is one part
of God’s consciousness and its unity comes from God’s unity. In fact, all things――from
such small-scale things as our joy and sorrows to such large-scale things as the
movement of the sun, moon, and other heavenly bodies――are based on this unity. It
was this great unity of universal consciousness that impressed Newton and Kepler.

神は我々の意識の最大最終の統一者である。否、我々の意識は神の意識の一部で
あって、その統一は神の統一より来るのである。小は我々の一喜一憂より大は日月星辰
の運行に至るまで皆この統一によらぬものはない。ニュートンやケブレルもこの
偉大なる宇宙的意識の統一に打たれたのである。

 

 

What is the nature of God, who in this sense is both the unifier of the universe and
foundation of reality? That which governs spirit must be the laws of spirit. And as I said
before, matter is nothing more than the shallowest of abstract concepts, established for
the sake of explaining things. Mental phenomena are the activity of knowledge, feeling,
and volition, and that which governs them must be their laws. But spirit is not a mere
collection of these activities; a single unifying power underlies these phenomena, which
are its expression.

しからば、かくの如き意味において宇宙の統一者であり実在の根底たる神とはいかなる
ものであろうか。精神を支配する者は精神の法則でなければならぬ。物資という
如きものは上にいったように、説明のために設けられたる最も浅薄なる抽象的概念に
過ぎない。精神現象とはいわゆる知情意の作用であって、これを支配する者はまた
知情意の法則でなければならぬ。しかして、精神は単にこれらの作用の集合ではなく、
その背後に一の統一力があって、これらの現象はその発現である。

 

 

If we call this unifying power personality, then God is the great personality at the base of
the universe. From natural phenomena to the historical development of humankind, there
is nothing that does not assume the form of great thought and great will. The universe is
an expression of God’s personality.

今、この統一力を人格と名づくるならば、神は宇宙の根底たる一大人格であると
いわねばならぬ。自然の現象より人類の歴史的発展に至るまでいちいち大なる思想、
大なる意志の形をなさぬものはない、宇宙は神の人格的発現ということになるので
ある。

 

 

Though I argue in this way, I do not agree with the thinkers in a certain school of thought
who contend that God transcends the universe and, like our subjective spirit, has
distinctive thought and will separate from the advance of the universe. In God, knowing
is action and action is knowing. Reality is none other than the thought and will of God.
Such things as our subjective thinking and will are incomplete, abstract realities that
arise from the conflict of various systems; we cannot attribute them to God.

しかし、かくいうも余はある一派の人々の考うるように、神は宇宙の外に超越し、宇宙
の進行を離れて別に特殊なる思想、意志を有する我々の主観的精神の如きものと考える
ことはできぬ。神においては知即行、行即知であって、実在はただちに神の思想であり
また意志でなければならぬ。我々の主観的思惟および意志という如きものは種々の体系
の衝突より起こる不完全なる抽象的実在である。かくの如きものをもってただちに神に
擬(ぎ)することはできぬ。

 

 

An Inquiry into the Good

An Inquiry into the Good

 

 

 

善の研究 <全注釈> (講談社学術文庫)

善の研究 <全注釈> (講談社学術文庫)

 

 

 

西田幾多郎 『善の研究』 2019年10月 (NHK100分de名著)

西田幾多郎 『善の研究』 2019年10月 (NHK100分de名著)

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約