しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

道徳とは、「苦しみを減らすこと」?ブッダの教えに近い、世界的ベストセラー作家の主張とは?――Is morality “reducing suffering”? What is the assertion of the author of world best-sellers , which is close to the Buddha’s teachings? 「ユヴァル・ノア・ハラリ( Yuval Noah Harari) : 21 Lessons for the 21st Century」No.8。

f:id:englishforhappiness:20200204055851j:plain

何人かが指摘しているように、「サピエンス全史」「ホモ・デウス」など、2000万部
以上の世界的ベストセラーの著者・ユヴァル・ノア・ハラリは、仏教の影響を強く
受けているように見えます。「神の命令に従うのではない、道徳」について解説――
バイリンガルで、どうぞ。

As some people indicate, it seems that Yuval Noah Harari, who is the author of world
best-sellers of over 20 million copies such as “Sapiens: A Brief History of Humankind”
“Homo Deus: A Brief History of Tomorrow,” is strongly influenced by the Buddhist
teachings. He gives us commentaries on the “morality that is not following divine
commands”――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

Morality doesn’t mean ‘following divine commands’. It means ‘reducing suffering’. Hence
in order to act morally, you don’t need to believe in any myth or story. You just need to
develop a deep appreciation of suffering.

道徳とは、「神の命令に従うこと」ではない。「苦しみを減らすこと」だ。
したがって、道徳的に行動得するためには、どんな神話も物語も信じる必要はない。
苦しみに対する理解を深めさえすればいい。

 

 

If you really understand how an action causes unnecessary suffering to yourself or to
others, you will naturally abstain from it. People nevertheless murder, rape and steal
because they have only a superficial appreciation of the misery this causes.

ある行動が自分あるいは他者に無用の苦しみを引き起こすことが理解できれば、その
行動を自然と慎むようになる。それでも人は殺し、性的暴行や盗みを働く。それが
引き起こす悲惨さのうわべしか理解できていないからだ。

 

 

They are fixated on satisfying their immediate lust or greed, without concern for the
impact on others――or even for the long-term impact on themselves. Even inquisitors
who deliberately inflict as much pain as possible on their victim, usually use various
desensitizing and dehumanizing techniques in order to distance themselves from what
they are doing.

自分の目下の性欲や貪欲を満たすことで頭がいっぱいで、他者への影響や、自らへの
長期的な影響にさえ思いが至らない。犠牲者にできるだけ多くの苦痛を与える
宗教裁判官でさえも、自分のしていることから距離を置くために、たいていさまざまな
テクニックを使い、自らの感覚を鈍らせたり、自分を非人間化したりする。

 

 

You might object that every human naturally seeks to avoid feeling miserable, but why
would a human care about the misery of others, unless some god demands it?

人間はみな、惨めな思いをするのを自然に避けようとするが、何かしらの神に求められ
ないかぎり、どうして他者の悲惨さなど気にかけるだろう、と反論する向きもあるかも
しれない。

 

 

One obvious answer is that humans are social animals, therefore their happiness
depends to a very large extent on their relations with others. Without love, friendship and
community, who could be happy? If you live a lonely self-centered life, you are almost
guaranteed to be miserable. So at the very least, to be happy you need to care about
your family, your friends, and your community members.

それには明白な答えがある。一つには、人間は社会的な動物であり、そのため、人間の
幸福は他者との関係に大きく依存しているからだ。愛や友情やコミュニティが
なければ、幸せになれる人などいるだろうか?自分本位の孤独な生活を送っていたら、
惨めになることはほぼ確実だ。だから幸せになるためには、少なくとも家族や友人や
コミュニティの仲間を気遣う必要がある。

 

 

What, then, about complete strangers? Why not murder strangers and take their
possessions to enrich myself and my tribe? Many thinkers have constructed elaborate
social theories, explaining why in the long run such behavior is counterproductive.

それでは、赤の他人はどうなのか?見ず知らずの人を殺して所有物を奪い、自分と自分
の部族を富ませればいいではないか?多くの思想家が手の込んだ社会理論を構築し、
長い目で見ればそのような行動は逆効果になることを説明してきた。

 

 

You would not like to live in a society where strangers are routinely robbed and
murdered. Not only would you be in constant danger, but you would lack the benefit of
things like commerce, which depends on trust between strangers. Merchants don’t
usually visit dens of thieves. That’s how secular theoreticians from ancient China to
modern Europe have justified the golden rule of ‘ don’t do to others what you would not
like them to do to you’.

あなたは、見ず知らずの人が日常的に金品を強奪されたり殺害されたりするような社会
には暮らしたくないだろう。自分も絶えず危険にさらされるばかりか、見知らぬ人
うしの信頼の上に成り立つ交易などの恩恵にも浴せない。商人はたいてい、盗賊の
巣窟は訊ねない。古代中国から近代ヨーロッパまで、各地の非宗教的な理論家たちは
そう言って、「己の欲せざる所は人に施すこと勿れ」という黄金律を正当化してきた。

 

 

Yet we do not really need such complex long-term theories to find a natural basis for
universal compassion. Forget about commerce for a moment. On a much more
immediate level, hurting others always hurts me too. Every violent act in the world begins
with a violent desire in somebody’s mind, which disturbs that person’s own peace and
happiness before it disturbs the peace and happiness of anyone else.

とはいえ、普遍的な思いやりの自然な基盤を見つけるのに、そのような複雑で長期的な
理論は、本当は必要ない。交易のことはしばらく脇に置いておこう。他者を害したら、
いつもはるかに直接的で短期的な形で自分も害することになる。この世のあらゆる
暴力行為は、誰かの心の中の暴力的な欲望から始まり、その欲望は他者の平静と幸福を
損なう前に、本人の平静と幸福を損なう。

 

 

Thus people seldom steal unless they first develop a lot of greed and envy in their minds.
People don’t usually murder unless they first generate anger and hatred. Emotions such
as greed, envy, anger and hatred are very unpleasant. You cannot experience joy and
harmony when you are boiling with anger or envy. Hence long before you murder
anyone, your anger has already killed your own peace of mind.

だから人はまず、心の中で強欲と嫉妬が大きく膨らまないかぎり、めったに盗みを
働いたりしない。人はまず、怒りと憎しみを生み出さないかぎり、たいてい殺人は
犯さない。強欲や嫉妬、怒り、憎しみといった情動は、とても不快だ。怒りや嫉妬で
腸 (はらわた) が煮えくり返っているときには、喜びや落ち着きは経験できない。という
わけで、人は誰かを殺害するよりもずっと前に、怒りによって自分の心の平静をすでに
台無しにしてしまっているのだ。

 

 

Indeed, you might keep boiling with anger for years, without ever actually murdering the
object of your hate. In which case you haven’t hurt anyone else, but you have
nevertheless hurt yourself.

じつは、人は憎しみの対象を現に殺害することがないまま、何年も怒りで腸が煮えくり
返る思いをし続けることがありうる。その場合には、他者は誰一人害さないが、
それでも、自分自身を害してしまう。

 

 

It is therefore your natural self-interest――and not the command of some god――that
should induce you to do something about your anger. If you were completely free of
anger you would feel far better than if you murdered an obnoxious enemy.

したがって、人はどこかの神に命令されたからではなく、自分自身のために、怒りを
どうにかする気になるのが自然なのだ。もし怒りからすっかり解放されれば、不快千万
な敵を殺害するよりも、はるかに気分がよくなるだろう。 


 

21 Lessons for the 21st Century

21 Lessons for the 21st Century

  • 作者:Yuval Noah Harari
  • 出版社/メーカー: Vintage
  • 発売日: 2019/08/22
  • メディア: ペーパーバック
 

 

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

 

  

21 Lessons for the 21st Century

21 Lessons for the 21st Century

  • 作者:Yuval Noah Harari
  • 出版社/メーカー: Random House Audio
  • 発売日: 2018/09/04
  • メディア: CD
 

 

 ※ご参考に(For your reference)。

Beyond Religion

Beyond Religion

  • 作者:Dalai Lama
  • 出版社/メーカー: HarperCollins India
  • 発売日: 2014/01/15
  • メディア: ペーパーバック
 

 

ダライ・ラマ宗教を超えて

ダライ・ラマ宗教を超えて

 

 

Beyond Religion: Ethics for a Whole World by H. H. Dalai Lama(2016-03-09)

Beyond Religion: Ethics for a Whole World by H. H. Dalai Lama(2016-03-09)

  • 作者:H. H. Dalai Lama
  • 出版社/メーカー: Brilliance Audio
  • 発売日: 1628
  • メディア: CD
 

  

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約