しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

仏教で読み解く「サピエンス全史」その4。5分で学ぶ、キリスト教とイスラム教、普及の歴史。 Reading “Sapiens: A Brief History of Humankind” through Buddhism. No.4――5 minutes-learning of the spreading history of Christianity and Islam.

 

f:id:englishforhappiness:20200219054415j:plain

西洋人と話す時、大変役に立つのが、キリスト教イスラム教に関する基礎知識。この
2つの一神教が、どのように広まったのかについて、「サピエンス全史」「ホモ・
デウス」など、2000万部以上の世界的ベストセラーの著者・ユヴァル・ノア・ハラリが
解説――バイリンガルで、どうぞ。

The basic knowledge of Christianity and Islam would be greatly helpful when you have
a conversation with a Westerner. Yuval Noah Harari, who is the author of world
best-sellers of over 20 million copies such as “Sapiens: A Brief History of Humankind”
“Homo Deus: A Brief History of Tomorrow,” gives us commentaries on how these two
monotheist religions have been spreading ――more to come both in English and in
Japanese.

 

 

 

The big breakthrough came with Christianity. This faith began as an esoteric Jewish sect
that sought to convince Jews that Jesus of Nazareth was their long-awaited messiah.

大躍進はキリスト教とともに起こった。この信仰は、ナザレのイエスが待望の救世主
(メシア)であるとユダヤ人を説得しようとしたユダヤ教の小さな宗派が始めた。

 

 

However, one of the sect’s first leaders, Paul of Tarsus, reasoned that if the supreme
power of the universe has interests and biases, and if He had bothered to incarnate
Himself in the flesh and to die on the cross for the salvation of humankind, then this is
something everyone should hear about, not just Jews. It was thus necessary to spread
the good word――the gospel――about Jesus throughout the world.

だが、この宗派の初期指導者の一人であるタルススのパウロは、こう考えた。もし宇宙
の至高の神的存在が関心を持ち、えこひいきをするなら、そしてもし、その神が人類の
救済のためにわざわざ人間としてこの世に生まれ、十字架の上で亡くなったのだと
したら、それはユダヤ人だけではなく、あらゆる人の耳に入れるべきことだ、と。
したがって、イエスについての喜ばしい言葉(福音)を、世界中に広めることが必要と
なった。

 

 

Paul’s arguments fell on fertile ground. Christians began organizing widespread
missionary activities aimed at all humans. In one of history’s strangest twists, this
esoteric Jewish sect took over the mighty Roman Empire.

パウロの主張は大きな実を結んだ。キリスト教は全人類に向けた、広範な宣教活動を
組織し始めた。歴史上屈指の不思議な展開によって、このユダヤ教の小さな宗派は、
強大なローマ帝国を支配することとなった。

 

 

Christian success served as a model for another monotheist religion that appeared in the
Arabian peninsula in the seventh century――Islam. Like Christianity, Islam, too, began
as a small sect in a remote corner of the world, but in an even stranger and swifter
historical surprise it managed to break out of the deserts of Arabia and conquer
an immense empire stretching from the Atlantic Ocean to India. Henceforth, the
monotheist idea played a central role in world history.

キリスト教の成功は、7世紀にアラビア半島に出現した別の一神教、すなわち
イスラム教のお手本となった。キリスト教と同じでイスラム教も、世界の片隅で小さな
宗派として始まったが、キリスト教の場合よりもさらに不思議で素早い、意外な展開に
よって、アラビアの砂漠を抜け出て、大西洋からインドにまで広がる巨大な帝国を征服
した。それ以降、一神教の考え方は世界史の中で主要な役割を演じてきた。

 

 

Monotheists have tended to be far more fanatical and missionary than polytheists.
A religion that recognizes the legitimacy of other faiths implies either that its god is not
the supreme power of the universe, or that it received from God just part of the universal
truth.

これまで一神教信者たちは、多神教信者よりもはるかに熱狂的で宣教に熱心な傾向に
あった。他の信仰の正当性を認める宗教は、以下のどちらかを示唆する。すなわち、
自分たちの神が宇宙の至高の神的存在ではないか、あるいは唯一絶対の神から普遍の
真理の一部だけを授けられたかのどちらかだ。

 

 

Since monotheists have usually believed that they are in possession of the entire
message of the one and only God, they have been compelled to discredit all other
religions. Over the last two millennia, monotheists repeatedly tried to strengthen their
hand by violently exterminating all competition.

一神教信者はたいてい、自分は唯一絶対の神の全メッセージを有すると信じて
いるので、他の宗教はすべて偽りと見なさざるをえなかった。過去2000年にわたって、
一神教信者は、暴力によってあらゆる競争相手を排除することで、自らの立場を
繰り返し強めようとしてきた。

 

 

It worked. At the beginning of the first century AD, there were hardly any monotheists in
the world. Around AD 500, one of the world’s largest empires――the Roman
Empire――was a Christian polity, and missionaries were busy spreading Christianity to
other parts of Europe, Asia and Africa.

それが功を奏した。一世紀初頭には、世界には一神教信者はほとんどいなかった。
だが、西暦500年ごろには、世界でも有数の帝国であるローマ帝国キリスト教国家に
なっており、宣教師たちはヨーロッパの他の地域やアジア、アフリカへせっせと
キリスト教を広めていた。

 

By the end of the first millennium AD, most people in Europe, West Asia and North Africa
were monotheists, and empires from the Atlantic Ocean to the Himalayas claimed to be
ordained by the single great God.

1000年紀が終わるころには、ヨーロッパや西アジア北アフリカの人のほとんどは
一神教で、大西洋からヒマラヤ山脈までの範囲に収まる帝国はみな自国が、単一の
偉大な神によって定められたものとしていた。

 

 

By the early sixteenth century, monotheism dominated most of Afro-Asia, with the
exception of East Asia and southern parts of Africa, and it began extending long
tentacles towards South Africa, America and Oceania. Today most people outside East
Asia adhere to one monotheist religion or another, and the global political order is built
on monotheist foundations.

16世紀初期には、一神教は東アジアとアフリカ南部を除くアフロ・ユーラシア大陸の
大半を支配下に収め、長い触手を南アフリカ南北アメリカオセアニアへと伸ばし
始めていた。今日、東アジア以外の人々は、何かしらの一神教を信奉しており、
グローバルな政治秩序は一神教の土台の上に築かれている。

 

 

Sapiens: A Brief History of Humankind

Sapiens: A Brief History of Humankind

  • 作者:Yuval Noah Harari
  • 出版社/メーカー: Vintage
  • 発売日: 2015/04/30
  • メディア: ペーパーバック
 

  

 

 

Sapiens: A Brief History of Humankind

Sapiens: A Brief History of Humankind

  • 作者:Yuval Noah Harari
  • 出版社/メーカー: Audiobooks
  • 発売日: 2018/07/05
  • メディア: CD
 

 

※ His latest work(最新作)

 

21 Lessons for the 21st Century

21 Lessons for the 21st Century

  • 作者:Yuval Noah Harari
  • 出版社/メーカー: Vintage
  • 発売日: 2019/08/22
  • メディア: ペーパーバック
 

 

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

 

  

21 Lessons for the 21st Century

21 Lessons for the 21st Century

  • 作者:Yuval Noah Harari
  • 出版社/メーカー: Random House Audio
  • 発売日: 2018/09/04
  • メディア: CD
 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約