しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ダライ・ラマ、イエスを語る」。その10。どうすれば、「あなたの敵を愛する」ことができるようになるか? “Dalai Lama: The Good Heart” No.10――In what way will you be able to “love your enemies” ?

 

f:id:englishforhappiness:20200916083429j:plain

「汝の敵を愛せ」と言われても、「言うは易く行うは難し」。ダライ・ラマが説く、
そのための「効果的なやり方」に、耳を傾けてみましょう――バイリンカルで、
どうぞ。

You are told, “Love your enemies,” but “Easier said than done.” Let’s listen to the
“effective techniques” for that, which Dalai Lama teaches――more to come both in
English and in Japanese.

 

 

 

In my opinion, in order to develop one’s capacity for tolerance toward all beings, and
particularly toward an enemy, it is important as a precondition to have a feeling of
equanimity toward all. If someone tells you that you should not be hostile toward your
enemy or that you should love your enemy, that statement alone is not going to move
you to change.

私は、すべての生き物に対して、とりわけ自分の敵に対しても、寛容の精神を持てる
ようになるには、すべての生き物への平等心を持つことが前提条件だと思っています。
もし、敵である存在に敵対してはいけないとか、敵を愛せよとか、だれかに言われたと
しても、その言葉だけではあなたは変わらないでしょう。

 

 

It is quite natural for all of us to feel hostility toward those who harm us and to feel
attachment toward our loved ones. It is a natural human feeling, so we must have
effective techniques to help us make that transition from these inherently biased feeling
toward a state of greater equanimity.

自分に害を与える人に敵意を抱くのは当然のことですし、愛する者に愛着を抱くのも
当然です。それが人間の自然の感情ですから、もともと偏りのある感情から、すべてに
同じように接することのできる状態へと変化をとげるには、効果的な技法が必要なの
です。

 

 

There are specific techniques for developing this sense of equanimity toward all sentient
creatures. For instance, in the Buddhist context, one can refer to the concept of rebirth to
assist in the practice of generating equanimity. As we are discussing the cultivation of
equanimity in the context of Christian practice, however, perhaps it is possible to invoke
the idea of Creation and that all creatures are equal in that they are all creations of the
same God. On the basis of this belief, one can develop a sense of equanimity.

すべて生きとし生けるものへの平等心を身につけるのに、ひとつのやり方があります。
たとえば、仏教の教えでは、平等心を起こすのに輪廻による生まれ変わりの考え方を
よりどころにすることができます。しかし、キリスト教の場合には、天地創造
考え方、つまりすべての生き物は、同じ神によって創られたという点で平等である
という考え方、にたよることができると思います。これを信じることで、平等心を
創りだすことができます。

 

 

However, we should not see equanimity as an end in itself. Nor should we feel that we
are striving for a total state of apathy in which we have no feelings or fluctuating
emotions toward either our enemies or our loved ones and friends. That is not what we
are seeking to achieve.

しかし、平等心そのものが目的だなどと考えてはなりません。敵に対しても、愛する者
や友人に対しても、まったく感情を抱かず、情緒が動くこともない、というような
無感動 (アパシー) の心境を目指しているのだ、などと思ってもいけません。私たちが
得ようとしているのは、そんなものではありません。

 

 

What we aspire to achieve is, first of all, to set the foundation, to have a kind of clear field
where we can then plant other thoughts. Equanimity is this even ground that we are first
laying out. On the basis of this, we should then reflect on the merits of tolerance,
patience, love and compassion toward all. We should also contemplate the
disadvantages and the negativities od self-centered thinking, fluctuating emotions
toward friends and enemies, and the negativities of having biased feelings toward other
beings.

私たちが求めるのは、まず、土台を作ることです。まっさらな土地にして、その上に
いろいろな考えを植え付けていくのです。平等心とは、この平らにならされた土地なの
です。その土台に立って、すべてのものに対する寛容や忍耐や愛や慈悲を持つことの
長所を考えてみるのです。自己中心的な考え方をすることや、友人と敵に対して
それぞれ違う感情を抱くことの間違いであることや、他人に対して偏見を抱くことの
悪い面についても、よく考えてみます。

 

 

The crucial point is how you utilize this basic equanimity. It is important to concentrate
on the negativities of anger and hatred, which are the principal obstacles to enhancing
one’s capacity for compassion and tolerance. You should also reflect upon the merits and
virtues of enhancing tolerance and patience. This can be done in the Christian context
without having to resort to any belief in rebirth.

一番大切なことは、この土台となる平等心をどう使うか、ということです。慈悲と寛容
の心を身につける上でもっとも邪魔になるのは、怒りと憎しみです。この怒りと憎しみ
のもたらす悪い面を、よく考えてみるのです。それから、寛容と忍耐を増すことの
どんな価値や美点を持っているのかを、よく考えてみます。輪廻と再生という
よりどころがなくても、これはキリスト教的な考え方通りにやってもうまくいくはず
です。

 

 

One of my fundamental convictions is that basic human nature is more disposed toward
compassion and affection. Basic human nature is gentle, not aggressive or violent. This
goes hand in hand with Father Laurence’s statement that all human beings share the
same divine nature.

私はつねづね、人間の本性というものは、もともと慈悲と愛情に向かっているものだと
確信しています。人間の本性は基本的には温和であって、攻撃的でも暴力的でも
ありません。これは、すべての人間は同じ神性を持っているという、ローレンス神父の
お話とも合っています。

 

 

I would also argue that when we examine the relationship between mind, or
consciousness, and body, we see that wholesome attitudes, emotions, and states of
mind, like compassion, tolerance, and forgiveness, are strongly connected with physical
health and well-being. They enhance physical well-being, whereas negative or
unwholesome attitudes and emotions――anger, hatred, disturbed states of
mind――undermine physical health. I would argue that this correspondence shows that
our basic human nature is closer to the wholesome attitudes and emotions.

心または意識と身体との関係を見てみると、慈悲や寛容や赦 (ゆる) しのような健全な
態度・感情・心持ちは、肉体的な健康と強い結びつきを持っています。このような態度
や心持ちは、肉体的な健康を促進しますけれども、怒りや憎しみや乱れた心持ちなどの
ような不健全な態度や感情は、肉体の健康を損ないます。こう考えると、健全な態度や
感情こそ、我々の本性にもっとも近いものをしめしているのだ、とは思えませんか。

 

  

 

The Good Heart: His Holiness the Dalai Lama

The Good Heart: His Holiness the Dalai Lama

  • 作者:Lama, Dalai
  • 発売日: 2002/08/01
  • メディア: ペーパーバック
 

 

   

The Good Heart: A Buddhist Perspective on the Teachings of Jesus

The Good Heart: A Buddhist Perspective on the Teachings of Jesus

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約