しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「鈴木大拙:禅と日本文化」その4。「わび・さび」の「さび」を、英語でどう説明するか? “Daisetz Suzuki:Zen and Japanese culture” No.4――How can we explain “Sabi” of “Wabi Sabi” in English?

 

f:id:englishforhappiness:20190905060941j:plain

 

日本文化の基盤であると言われている禅。日本文化を世界に紹介することに多大な貢献
をした、鈴木大拙の名著で学びましょう。前回の「わび」に続いて、今回は「さび」に
ついての解説です――バイリンガルで、どうぞ。

Zen is said to be the foundation of Japanese culture. Let’s learn Zen through the
masterpiece by Daisetz Suzuki, who made a great contribution to introducing Japanese
culture to the world. Last time, I introduced his commentaries on “Wabi,” being followed
by ones on “Sabi” this time――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

Sabi consists in rustic unpretentiousness or archaic imperfection, apparent simplicity or
effortlessness in execution, and richness in historical associations (which, however, may
not always be present), and lastly, it contains inexplicable elements which raise the
object in question to a rank of artistic production. These latter are generally regarded as
derived from the appreciation of Zen. The utensils used in the tea-room are mostly of this
nature.

さびは鄙(ひな)びた無虚飾や古拙な不完全に存する、見た目の単純さや無造作な
仕事ぶりに存する、豊富な歴史的な連想(かならずしも現存しなくてもよい)に存する、
そして、最後にそれはくだんの事物を芸術的作品の程度に引きあげるところの説明
しがたき要素を含んでいる。これらの要素は禅の鑑賞から由来すると、一般に
考えられている。茶室内に用いられる道具類は多くかかる性質のものである。

 

 

The artistic elements that goes into the constitution of sabi which literally means
“loneliness” or “solitude,” is poetically defined by a tea-master thus;

さびは文字の上からいえば「孤絶」とか「孤独」とかを意味するが、これを構成して
いる芸術的要素は、茶の宗匠によってつぎのように詩的に定義されている。

 

 

“As I come out

To this fishing village,

Late in the autumn day,

No flowers in bloom I see,

Nor any tinted leaves.”

見わたせば

花も紅葉もなかりけり

浦のとまやの

秋の夕暮れ  (藤原定家)

 

 

Aloneness indeed appeals to contemplation and does not lend itself to spectacular
demonstration. It may look most miserable, insignificant, and pity-provoking, especially
when it is put up against the Western or modern setting.

孤絶は実際、思索に訴える。目覚ましい示威をやったりなどせぬ。一見はなはだ
みじめな、無意義な、憐憫を催させる底のものである。とくに西洋式や近代式の設備と
対する時にはその感を深くする。

 

 

To be left alone, with no streamers flying, with no fire-works cracking, and this amidst
a gorgeous display of infinitely varied forms and endlessly changing colors, is indeed no
sight at all.

吹流しもひるがえらなければ、花火もあがらないようなところに、ただ独り残されて
いるという事、そしてそれが色々と極りなく変わりゆく物の形や物の色の華やかな
眺めの真中であるとすると、実際見る影もない淋しさである。

 

 

Take one of those sumiye sketches, perhaps portraying Kanzan and Jittoku (Han-shan
and Shiete), and hang it in a European or American art gallery, and see what effect it will
produce in the minds of the visitors. The idea of aloneness belongs to the East and feels
at home in the environment of its birth.

たとえば、寒山拾得かなにかの墨絵を欧米の美術館のなかに掛けて観衆の心にどんな
効果を生ずるかを考えてみるがよい。孤絶の観念は東洋のものであり、これを生んだ
環境のなかでこそ親しみを感ずるものなのである。

 

 

 

対訳 禅と日本文化 - Zen and Japanese Culture

対訳 禅と日本文化 - Zen and Japanese Culture

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約