しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

人生で最も大切な技術「幸福の探求」その5。人生の苦しみをコントロールする2つの方法とは? Life’s most important skill ”Happiness” No.5――What are the two methods that allow us to manage suffering in life?

 

f:id:englishforhappiness:20181230083632j:plain

「人生は苦しみに満ちている」というのがブッダの教えの出発点ですが、その苦しみを
克服する道があると説くのが仏教です。今回は、その詳細ではなく、すぐに実践できる
「肉体的・精神的な苦しみのコントロール法」を2つご紹介します。バイリンガルで、
どうぞ。

“Life is full of suffering.” This is where the teachings of the Buddha begin and Buddhism
is the discourse about paths to overcome suffering. This time, I bring to you, not the
details of Buddhism, but the two methods of managing suffering, physical or emotional,
which you can practice immediately――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

 

Buddhism has traditionally turned to what modern psychology calls mental imagery to
modify the perception of pain. We may visualize, for instance, a soothing, luminous
nectar that soaks into the center of pain and gradually dissolves it into a feeling of
well-being. The nectar then permeates our entire body and the pain fades away.

近代心理学の一つに、メンタル・イメージという苦痛の認識を変える方法がある。仏教
にもイメージを使って苦痛を消去する手法が古来より伝わっている。光輝く聖なる命の
水が痛みの中心部に浸み込んでいって、体全体にそれが浸透し、痛みが消滅し、次第に
幸福感に変わっていくことを心に思い描く、というのがイメージ法である。

 

 

A synthesis of the results published in some fifty scientific articles has demonstrated that
in 85 percent of cases recourse to mental methods enhances the capacity to endure
pain. Among these diverse techniques, mental imagery has proven to be the most
effective.

50ほどの科学関連記事を集めた書物が出版されている。それによると、メンタル・
イメージ法を使った症例の85%が、痛みに耐える力を高めたとされる。多様な手法の
中でも、メンタル・イメージ法が一番高い効果をあげていることが証明されている。

 

 

Another method that allows us to manage suffering, emotional as well as physical, is
linked to the practice of compassion.

感情的、肉体的な苦しみをコントロールするもう一つの方法がある。慈悲心すなわち
他者に対する思いやりを深める、というアプローチである。

 

 

Through compassion we take control of our own suffering, linked to that of all others, in
the thought that “others besides me are afflicted by similar hardships to mine, and
sometimes far worse. How I wish that they too could be free of their pain.” After that our
pain does not feel as oppressive, and we stop asking the bitter question: “Why me?”
「自分以外の人たちも自分と同じかそれよりひどい苦しみに喘いでいる。どのように
したらその人たちが苦しみから解放されるだろう」と、深く考える憐みの心を通して、
生きとし生けるものすべてと結びつくことは、結果として、自分の苦しみを
コントロールすることになるのである。それができるようになったら、自分の苦痛が
それほど過酷なものとは感じなくなり、「この私が何故このようなひどい目に
遭うのか?」という苦々しい問いを繰り返すこともなくなる。

 

 

But why should we deliberately dwell on other people’s suffering when we go to such
extremes to avoid our own? In so doing, aren’t we pointlessly increasing our own
burden? We are not.

極端なくらい自分の苦しみを避けようとしているとき、他人の苦しみに思いを馳せる
など、あり得ない。第一、そのようなことをすれば、自分の苦労が増えるだけだ、
といった否定的な言葉が聞こえてくる。だが、その心配は無用だろう。

 

 

When we are completely self-absorbed, we are vulnerable and fall easy prey to
confusion, impotence, and anxiety. But when we experience a powerful sense of
empathy with the suffering of others, our impotent resignation gives way to courage,
depression to love, narrow-mindedness to openness toward all those around us.
Increasing compassion and loving-kindness, the ultimate in positive emotions, develops
our readiness to offer relief to the suffering of others while reducing the importance of our
own problems.

まず、自分のことに夢中になって、周りのことに無関心な状態になると、心が傷つき
やすく、混乱、無力感、不安などの感情にとらわれやすくなる。逆に、他人の苦しみに
対して深く共感できれば、無力感が勇気に、抑うつは愛に、独りよがりは周りへの心の
解放へと変わってくる。究極的ポジティブ感情である、愛と思いやりの心が強まると、
他人を苦しみから解放することに喜んで手を貸す人間に成長し、自分の問題の深刻度が
低下するのである。

 

 

  

Happiness: A Guide to Developing Life's Most Important Skill (English Edition)

Happiness: A Guide to Developing Life's Most Important Skill (English Edition)

 

  

Happiness幸福の探求―人生で最も大切な技術

Happiness幸福の探求―人生で最も大切な技術

 

  

Happiness: A Guide to Developing Life's Most Important Skill

Happiness: A Guide to Developing Life's Most Important Skill

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約