しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「鈴木大拙: 続・禅と日本文化」その1。日本人の自然愛と富士山の関係とは? “Daisetz Suzuki: Zen and Japanese culture (rev.)” No.1――What is the relationship between the Japanese love of Nature and Mount Fuji?

f:id:englishforhappiness:20190927061646j:plain

日本文化を世界に紹介することに多大な貢献をした、鈴木大拙。世界中で手に入れる
ことができる彼の名著(改訂版)をご紹介します。日本人の自然愛と富士山の関係に
ついての解説――バイリンガルで、どうぞ。

Daisetz Suzuki made a great contribution to introducing Japanese culture to the world.
I introduce his masterpiece (revised version) which is available around the world
He gives us commentaries on the relationship between the Japanese love of Nature and
Mount Fuji ――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

THE JAPANESE love of Nature, I often think, owes much to the presence of Mount Fuji
in the middle part of the main island of Japan. Whenever I pass by the foot of the
mountain as a passenger on the Tokaido railway line, I never fail to have a good view of
it, weather permitting, and to admire its beautiful formation, always covered with spotless
snow and “rising skywards like a white upturned folding fan,” as it was once described by
a poet of the Tokugawa period. The feeling it awakens does not seem to be all aesthetic
in the line of the artistically beautiful. There is something about it spiritually pure and
enhancing.

日本人の自然愛というものは、富士山のあるお蔭だと、思うことが多い。自分は
東海道線に乗ってあの山の麓を通るたびごとに天気がよければいつも必ずこれをよく
眺めて、一点汚れなき雪に蓋われた、江戸時代の詩人石川丈山の言う「白扇倒しまに
懸れる」その美しい姿を嘆賞するのである。それによって呼び醒まされる感情は、
芸術的に見て美しいというばかりではないように思われる。何かそこには精神を浄め、
高めるものがある。

 

 

Each time I see Fuji

It appears changed

And I feel I view it

Ever for the first time.

How shall I describe Fuji

To those who have not yet seen it?

It is never seen twice alike,

And I know no one way

Of describing the sight.

見るたびに

景色ぞかはる

富士の山

はじめて向ふ

心地こそすれ

見ぬ人の問はば

如何にと語るらん

いくたび変る

富士の景色を

 

 

The singer is Date Masamune (1565-1636), one of the most renowned generals at the
time of Hideyoshi and Iyeyasu.

この歌人は、秀吉と家康の時代の名称の一人伊達政宗である。

 

 

Fuji is now thoroughly identified with Japan. Wherever Japan is talked or written about,
Fuji is inevitably mentioned. Justifiably so, because even the Land of Rising Sun would
surely lose much of her beauty if the sacred mountain were erased from the map.

富士は今では日本と全く同一である。日本のことを語ったり書いたりする時には、必ず
富士が出る。それも当然なことで、もし地図からこの聖峯を抹殺したならば、日出づる
国はその国土の美の大半を失うに違いないからである。

 

 

The mountain must be actually seen in order to impress. Pictures and photographs,
however artistic, cannot do justice to the real view. As Masamune sings, it is never the
same, it is ever changing in its features, as it is affected by atmospheric conditions, and
also as it is viewed topographically from different angles and at different distances.

この山は実際に見なければ深く心を打たれるわけにゆかぬ。いかに巧みに写してあって
も、絵や写真では真景を正しく伝えられぬ。周囲の状況の影響により、また、地形的に
角度を変え距離を異にすることにより、富士の容貌は、政宗の歌えるごとく決して同じ
ではなく、不断に変化するのである。

 

 

Zen and Japanese Culture (Bollingen Series (General) Book 334) (English Edition)

Zen and Japanese Culture (Bollingen Series (General) Book 334) (English Edition)

 

 

 

 

 

Zen and Japanese Culture (Audio Cassette)

Zen and Japanese Culture (Audio Cassette)

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約