しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ダライ・ラマ 科学への旅」その5。ブッダが答えていない疑問と「四つの聖なる真理」。

f:id:englishforhappiness:20180413103353j:plain

宇宙の起源は何か?その疑問に、科学は、ビッグバンを初めとする様々な理論で
答えようとしています。では、仏教の開祖ブッダは?――実は、この問いに、ブッダ
あえて答えていないとされています。どういうことでしょうか?バイリンガルでご紹介
します。

 

According to the early scriptures, the Buddha himself never directly answered questions
put to him about the origin of the universe. In a famous simile, the Buddha referred to
the person who asks such questions as a man wounded by a poisoned arrow.

初期の仏典によれば、仏陀自身は宇宙の起源について問われても直接答えることは
しなかったといいます。そのような質問をする人を、仏陀は毒矢が刺さったけが人に
喩えたというエピソードは有名です。

 

Instead of letting the surgeon pull the arrow out, the injured man insists first on
discovering the caste, name, and clan of the man who shoot the arrow; whether he is
dark, brown, or fair; whether he lives in a village, town, or city; whether the bow used
was a longbow or a crossbow; whether the bowstring was fiber, reed, hemp, sinew, or
a bark; whether the arrow shaft was wild or cultivated wood; and so forth.

医者が矢を抜こうとするのに、矢を射た人のカースト、名前、どの一族の者かなどを
知りたいと、けが人が言い張ったらどうなるでしょうか。さらにその人の肌は黒か茶色
か白か、住んでいるのは村か町か大都市か、長弓を使ったのか強弓を使ったのか、弦は
つる草の繊維か葦か麻の糸か、動物の腱でできているのか樹皮でできているのか、矢柄
は天然の枝だったのかどうかなどと聞いたとしたらどうなるでしょうか。

 

Interpretations of the meaning of the Buddha’s refusal to answer these questions directly
vary. One view is that the Buddha refused to answer because these metaphysical
questions do not directly pertain to liberation.

仏陀が宇宙の起源などに関する質問に答えようとしなかったのはなぜか、その意味に
ついてはさまざまな解釈があります。ある見方では、こうした形而上学的な質問は精神
の解放と直接関係がないためだと解釈されています。

 

ブッダが、宇宙の起源を解明するより何より、人びとに貢献したかったこととは何か?
それは、刺さった毒矢を抜くこと、つまり苦しみから解放すること。ブッダが悟りを
得てから初めて説いたとされる「四つの聖なる真理」に、その根っこの部分を読み取る
ことができると言います。その教えとは以下のようなものです。

 

The Four Noble Truths state that within the realm of impermanent phenomena there is
suffering, suffering has an origin, the cessation of suffering is possible, and there is
a path to the cessation of suffering.

第一に、うつろいゆく無常の現象の世界には苦しみがあること、第二に、苦しみには
原因があること、第三に苦しみを断ち切ることは可能であること、そして第四に苦しみ
を断ち切るための道があること。

 

これらを総称して「四つの聖なる真理(Four Noble Truths)」あるいは「四聖諦
(ししょうたい)」と呼ばれており、それぞれ、「苦諦(くたい)」「集諦
(じったい)」「滅諦(めったい)」「道諦(どうたい)」という名がついています。
ご参考まで。

 

 

The Universe in a Single Atom: The Convergence of Science and Spirituality

The Universe in a Single Atom: The Convergence of Science and Spirituality

 

  

ダライ・ラマ科学への旅 (サンガ新書)

ダライ・ラマ科学への旅 (サンガ新書)

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約