しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「ティック・ナット・ハン: 禅的生活のすすめ」その4。 どんな相手も心を許す、「思いやり(compassion)のあるコミュニケーション」とは? “Thich Nhat Hanh: Creating True Peace” No.4――What is “communication with compassion”  that makes anyone relax his or her guard?

 

f:id:englishforhappiness:20190222063523j:plain

 

地球規模の精神的指導者であり、数多くのマインドフルネスと平和に関するベスト
セラーによって世界中の尊敬を集めている、禅僧ティック・ナット・ハン。彼に
よれば、思いやりをもって話し、思いやりをもって聞くという行為が、非暴力的な
コミュニケーションの実践には不可欠だと言います。しかし、愛情をこめて穏やかに
語りかけようと思っていても、話しはじめたとたん、心の中の苦悩や絶望や恐怖が
出てきてしまうこともある。本当は誠意を尽くそうと思っているのに、いつのまにか
相手を非難したり、不満をぶちまけたり、乱暴に批判したりして、コミュニケーション
が閉ざされてしまう。そんなとき、どうすればよいか? ――解説をバイリンガル
お届けします。

Zen Master Thich Nhat Hanh is a global spiritual leader, revered around the world for his
bestselling writings on mindfulness and peace. According to him, speaking and listening
with compassion is the essential practice of nonviolent communication. However, even
when we intend to use calm and loving speech, and we start speaking, our pain, despair,
and fear often emerge. In spite of our best intentions, we start to blame, complain, and
judge harshly. Communication breaks down. What should we do at such times?
――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

 

How then do we reach the point where we are able to listen deeply to one another and to
use loving speech? To do this, we first have to practice taking care of our own pain and
anger. By practicing mindful breathing and mindful walking, we strengthen the energy of
mindfulness within us. We may need to practice and train ourselves for several weeks, or
even several months, before we can overcome our pain and use loving speech.

では、どうしたらお互いの話をじっくりと聞き、愛情のこもった語りかけができるよう
になるのでしょう。そのためには何よりも先に、自分の痛みや怒りにきちんと対処する
必要があります。意識的な呼吸と意識的な歩行を実践して、自分の中の気づきの力を
強めましょう。場合によっては何週間も何か月も実践して、自分を鍛える必要がある
かもしれません。しかしそのうちに、自分の痛みを克服して、愛情のこもった語りかけ
ができるようになります。

 

 

When our mindfulness is strong, it is much easier to look deeply into a situation and give
rise to understanding and compassion. With the energy of mindfulness, we can
overcome our pain and use loving speech.

気づきの力を強くもっていれば、状況を見きわめるのもずっと容易になり、理解と
哀れみが生じてきます。気づきの力があれば、痛みを克服して愛情のこもった語りかけ
ができるようになります。

 

 

The same is true about our ability to listen deeply. If we have not been able to embrace
and transform our own hurt and anger, it will be difficult to listen to another person’s
suffering, especially if the other person’s speech is full of negative judgments,
misperceptions, and blaming.

相手の話を聞く能力についても同じです。自分の苦しみや怒りを認めた上で、それを
変えておかなければ、なかなか他人の苦しみに耳を傾けることはできません。とくに
相手の話が快くなく、否定や誤解やいわれのない非難に満ちていた場合はなおさら
です。

 

 

In our heart, we know that listening is what we should do, and no doubt we have often
tried our best. Yet frequently, after a few minutes, we no longer can bear to listen to even
one more word. We feel overwhelmed.

もちろん心の中では、耳を傾けなければいけないとわかっています。そのために最善を
尽くすつもりでもいるでしょう。しかし往々にして、数分もすると話を聞いているのが
いやになり、もう一言も聞きたくない、もうたくさんだという気持ちになって
しまいます。

 

 

Even though we have vowed that, regardless of the provocations or unjust assertions,
we would stay and listen with compassion, we just cannot do it. Our good intentions
evaporate because we are unable to handle the pain welling up within ourselves.

哀れみの心をもって、挑発されても不当な主張をされてもじっと我慢して話を聞こうと
誓っていたにもかかわらず、どうしてもそれができなくなる。このようにせっかくの
善意が消えてしまうのは、こみあげてくる内面の苦しみにきちんと対処できていない
からです。

 

 

Yet if we can prevail and listen for only one hour, the other person will obtain a great deal
of relief. Listening with an open heart, we are able to keep compassion alive. Then we
give the other person a real chance to express his or her feelings.

しかし、それを克服して相手の話を1時間でも聞いていられれば、相手は大いに安堵
します。心を開いて相手の話に耳を傾ければ、哀れみを失わずにいられます。そのとき
初めて、相手も心を許して正直な気持ちを明かす機会を得られます。

 

 

When we see someone, especially a child, say or do something that is not our liking, we
easily become irritated. If our understanding and compassion are not strong enough to
protect us, we will allow that person’s behavior to provoke the seed of irritation within us.
他人の好ましくない言動を目にすると、私たちはすぐに不快になります。とくに自分の
子供に対しては、いっそう敏感になるでしょう。そのときに理解と哀れみが充分で
ないと、私たちはつい相手の言動に刺激され、自分の中のいらだちの種を発芽させて
しまいます。

 

 

Consequently, what we say or do may be violent physically or emotionally. When you are
irritated with someone else or with your child, you are not in a position to help or to teach
him. At such a time, you have to refrain from saying or doing anything. Instead, please
practice mindful walking, smiling, and mindful breathing and your peace and calm will be
restored.

その結果、身体的な暴力や精神的な暴力を振るいかねません。誰かに腹を立てている
とき、人はその誰かを教え諭せる状態にありません。そういうときは、どんな言動も
慎むべきです。その代わりに意識的な歩行と、微笑みと、意識的な呼吸を実践して
ください。そうすれば心に平穏が戻ってくるでしょう。

 

 

When your calm has been restored, you will find the best way to approach the other
person or your child and help her avoid doing or saying harmful things in the future.
When you are lucid enough, you will not blame or punish but will handle the situation
with understanding and love. This is taking care of the seeds of anger and violence
within you.

平穏が戻ってくれば、相手にどう接するのがいちばんいいかわかります。そして以後、
その人が有害な言動を慎めるようになるために力を貸すことができます。意識が充分に
明晰であれば、相手を責めたり罰したりすることはありません。理解と愛情をもって
対処できます。これが自分の中の怒りや暴力の種を制御するということです。

 

 

We all have the right to suffer, but none of us has the right not to practice. Our
responsibility as humans is to transform our suffering in order to transform the suffering
of those around us.

私たちはみな苦しむ権利はもっていますが、努力をしない権利は誰にもありません。
私たちは人として、自分の苦しみを変える責任があります。それが周囲の人々の苦しみ
を変えることにつながるからです。

 

 

 

 

Creating True Peace: Ending Conflict in Yourself, Your Community and the World

Creating True Peace: Ending Conflict in Yourself, Your Community and the World

 

 

 

あなたに平和が訪れる禅的生活のすすめ―心が安らかになる「気づき」の呼吸法・歩行法・瞑想法

あなたに平和が訪れる禅的生活のすすめ―心が安らかになる「気づき」の呼吸法・歩行法・瞑想法

 

 

Creating True Peace: Ending Violence in Yourself, Your Family, Your Community, and the World

Creating True Peace: Ending Violence in Yourself, Your Family, Your Community, and the World

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約