しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「幸せがずっと続く12の行動習慣」その10。科学によって証明された、「トラウマに対処する効果的な方法」とは? “The How of Happiness” No.10――What is “the effective method to cope with trauma,” that has been shown to be successful through science?

 

f:id:englishforhappiness:20190204063353j:plain

心理学の世界では、「トラウマとなる過去の出来事に関して心の奥底にある感情を
書けば(expressive writing)、多くの恩恵がもたらされる」という結果が次々と出ている
と言います。――解説をバイリンガルでお届けします。

It is said that the growing body of results in the area of psychology reveals that
expressive writing about past traumatic events has many beneficial
consequences――more to come both in English and in Japanese.

 

 

 

 

It makes sense that if writing helps people find meaning and resolution in their trauma,
they might find their emotional reactions to it more manageable and might be less
disturbed by unwanted ruminations. The process of creating a narrative about your
experience, telling a story, can lead you to accept it.

ものを書くことが、トラウマのなかに意味や解決策を見いだす助けとなるならば、
トラウマに対する感情的な反応はさらに扱いやすくなります。そして、自分の経験に
ついて説明したり、語ることによって、トラウマを受け入れやすくなるでしょう。

 

 

Furthermore, writing involves recording your thoughts externally, whether on a page in
your diary or a Word document. This may allow you to unburden yourself by chronicling
your emotions, thoughts, and memories outside yourself and thus allowing yourself to
move past your troubles.

さらに、書くことには、外側から自分の考えを記録する、という意味もあります。
たとえば、ワードソフトを使って文書にしても、日記に書いて、感情や思考や記憶を
自分の外側から記録することで、内側に背負っていた重荷を降ろすことができ、悩みを
断ち切れるかもしれません。

 

 

So, for your first exercise in coping, get out a notebook, PowerBook, diary, or a sheet of
paper, and follow the direction given to the Pennebaker’s participants:
For the next four days, I would like for you to write about your very deeper thoughts and
feelings about the most traumatic experience of your entire life. You may write about the
same general issues or experiences on all days of writing or on different traumas each
day.

そのようなわけで、コーピング(対処)の方法として、まずはノートを取りだし
ましょう。パソコンでもノートでも、そのへんにある紙切れでもかまいません。
そして「これまでの人生で最もトラウマになった経験について心から考えたことや
感じたこと」を残らず4日間続けて書いてみてください。4日間ずっと同じ出来事や
経験について書いてもよいですし、毎日、違うトラウマについて書いても結構です。

 

 

At minimum, you should spend fifteen minutes writing each day, and you should write for
several days in a row, for as long as needed. You could even start a blog. Be patient and
persistent, and watch the benefits unfold.

最低でも、毎日15分は書いてください。そして必要な限り、何日でも続けて書いて
みましょう。ブログとして始めてもいいでしょう。とにかく忍耐強く、根気強く
続けて、成果が現われるのを見守ってください。

 

 

As you can tell, expressive writing is fairly open-ended. You can write whatever you want
about your loss or trauma, as long as you strive to express your emotions honestly and
fully.

トラウマを書いていくと、すぐにわかることですが、感情を書き記すという行為には
終わりがありません。感情を正直に、そしてあますことなく表わそうと努力し続ける
限り、喪失やトラウマについてどんなことを書いても結構です。

 

 

 

The How Of Happiness: A Practical Guide to Getting The Life You Want

The How Of Happiness: A Practical Guide to Getting The Life You Want

 

  

幸せがずっと続く12の行動習慣

幸せがずっと続く12の行動習慣

 

 

The How of Happiness: A Scientific Approach to Getting the Life You Want

The How of Happiness: A Scientific Approach to Getting the Life You Want

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約